10年のあゆみトップ > ご支援いただいた皆さま > 科学技術コミュニケーションの「今」を一望できる場所

ご支援いただいた皆さま

科学技術コミュニケーションの「今」を一望できる場所

    八木 絵香
    大阪大学 コミュニケーションデザイン・センター准教授

     「科学技術コミュニケーションって、なんですか?」
     そう問われた時に私が、最初に紹介するのはCoSTEPのホームページです。
     この10年間に、国内のさまざまな場所に科学技術コミュニケーションにかかわる組織ができました。目的も、対象も、手法もさまざまです。その「さまざま」を誰かに伝えようとする時、それがCoSTEPのホームページ(活動)のなかにぎゅっと詰まっていることに改めて気づかされます。対象としているテーマの広さ、社会的な話題に対する即応性、参加型テクノロジーアセスメントについての野心的な実践。Web、ラジオ、電子書籍などさまざまな媒体を活用した発信。そして学術と実践のバランス。
     この10年がそうであったように、これからの10年も科学技術コミュニケーションのあり方は常に変わり続けるのでしょう。その変化の中で常にCoSTEPには、科学技術コミュニケーションの「今」を示し続ける存在であって欲しいと願っています。