ご支援いただいた皆さま

10年継続の苦労を思う

    高橋 英樹
    北海道大学総合博物館教授

     10周年おめでとうございます。何事でもそうですが、10年継続するにあたっては多くの苦労があったと推察いたします。それでも「CoSTEP」が違和感なく北大で使われるようになったのは目に見える成果だと思います。私はサイエンスカフェでお世話になりました。少しでも聴衆にわかりやすくしようというスタッフの熱意を感じました。
     総合博物館は展示を軸としながらも、講演会、観察会、養成講座などを行っています。大学博物館活動に対しても今後ともご指導いただければ幸いです。