ご支援いただいた皆さま

次の10年を楽しみに

    田中 幹人
    早稲田大学政治経済学術院 ジャーナリズム・コース 准教授
    (社)サイエンス・メディア・センター リサーチ・マネージャー

     英国で、科学コミュニケーション関係者にインタビューしていたときのことです。その見事な取り組みの数々に対して、私は「さすが、ファラデー以来の伝統がある国は違いますね」と冗談めかして言いました。すると、インタビュイーはひとしきり笑った後で、真剣な顔になって答えました。
     「いや、でもそれは違う。取り組みの歴史はそれほど長くない。ここまで来るのに私たちは20年かかったんだ。様々に奮闘してきた若いコミュニケーターや科学者たちが、年月を経て社会の中心になってきた今、成果がやっと目に見えるようになってきたんだ」
     CoSTEPの10年は、日本の科学コミュニケーションの10年。私も、これまで多くのCoSTEPの関係者、そして出身者に、様々な刺激や支援を頂きました。あと10年経ったとき、日本の「科学」と「社会」はどんな関係にあるのでしょうか。CoSTEPがリードしていく次の10年を楽しみにしています。