10年のあゆみトップ > ご支援いただいた皆さま > 私も生徒として受講したかった

ご支援いただいた皆さま

私も生徒として受講したかった

    阿部 竜
    京都大学大学院工学研究科教授

     CoSTEP 10周年、誠におめでとうございます。私がCoSTEPに出会ったのは、2008年、ボストンで開催のAAASに北大から出展するにあたり、現地での実験担当を仰せつかったのが最初である。打ち合わせでは、大津先生がキラキラした瞳で熱く語り、石村先生が冷静沈着につっこみ(時々見せるステキな笑顔)、そして杉山先生が独特の嫋やか(?)な雰囲気で全体をまとめる、といった見事な連携で、難題をさらりと解決されていたのが印象的であった。ボストンでは、ビールを飲みながら、サイエンスコミュニケーターのあるべき姿を「熱く激しく」語り合っていた姿が目に焼き付いている(この時、大津先生と交わした約束を私はまだ果たしていない)。以来、この3名の連携で依頼されると、断ることなど出来るはずもなく、サイエンスカフェ、サイエンスフェスタ、電子書籍など、色んな場面でご一緒させて頂いた。本当に素晴らしい、得がたい体験であった。しかし、毎度〆切を過ぎてもリアクションの無い私には、相当手を焼いたであろう。ぜひ、研究者に「〆切を守らせる」方法を編み出して、伝えて欲しい。最後に本心を……「私も生徒として受講したかった!!」