ご支援いただいた皆さま

対話的理性を携えて

    溝渕 清彦
    環境省北海道環境 パートナーシップオフィス

     10周年おめでとうございます! 当時、私は北海道新聞社の関連会社の担当として、プロジェクト実習を提案させていただきました。4期生の5人の仲間と担当教員の皆さんとともに、夕刊に大きく掲載された週刊フムフム大図解「北海道の住宅技術」の紙面を制作し、連動した3回のワークショップを企画実施しました。現在、対話の場づくりに携わる私にとって、かけがえのない経験です。幅広い年齢や職業、社会的背景を持つメンバーから構成されたチームは優れてクリエイティブで、こちらからの制約をものともせず、新しいコミュニケーションの作法を生み出していただけたと思います。科学は人間活動の可動域を広げるツールであり、そこに倫理的な善悪はありません。だからこそ対話的理性が必要であり、その担い手は倫理の守り手にも、革新の促進者にもなりえます。これからもCoSTEPがそうした人材を輩出するプラットフォームであるよう、応援します。