• 社会と大学の懸け橋として

    山口 佳三|北海道大学総長|
     北海道大学科学技術コミュニケーター養成ユニットとして2005年に創設されたCoSTEPが今年度をもって10周年を迎えるに至ったことは、誠に慶ばしき限りであります。  2009年度までの5年間は文部科...


    • 11年目に入るCoSTEPへの期待

      新田 孝彦|北海道大学理事・副学長 高等教育推進機構長|
       CoSTEPは、今年度、創設10周年という記念の年を迎えました。この間、高度技術社会において不可欠な科学技術コミュニケーターを数多く育成し、市民社会に貢献することができたことは私どもの大き...


      • グローバル化の中で活躍が求められる「CoSTEP人材」

        鈴木 章|北海道大学名誉教授|
         CoSTEPが2005年の創設以来10周年を迎えるに至ったことを、心よりお慶び申し上げます。  昨今、大規模自然災害への対応におけるアカデミズムの果たすべき責任や、研究不正問題が指摘される中...


        • 誰が科学技術コミュニケーターを 必要としているか

          栃内 新|北海道大学特任教授 (2005年から2010年までCoSTEP運営委員)|
           現在のCoSTEP(科学技術コミュニケーション教育研究部門)の前身CoSTEP(科学技術コミュニケーター養成ユニット)は、2005年の夏に登場し予定の科学技術振興調整費委託の5年間で終了となったが、2010...


          • 研究者から見たCoSTEP

            秋田 英万|北海道大学大学院薬学研究院准教授|
             この度は、CoSTEPが10周年を迎えられるとのこと、誠におめでとうございます。  現在、研究者の研究成果公開活動を通じた国民との対話が推奨、あるいは時に義務化されております。研究者がどの...


            • 私も生徒として受講したかった

              阿部 竜|京都大学大学院工学研究科教授|
               CoSTEP 10周年、誠におめでとうございます。私がCoSTEPに出会ったのは、2008年、ボストンで開催のAAASに北大から出展するにあたり、現地での実験担当を仰せつかったのが最初である。打ち合わせ...


              • 科学コミュニケーション2014: これまでの10年&これからの10年

                有本 建男|政策研究大学院大学教授科学技術振興機構 研究開発戦略センター副センター長|
                 今年から来年にかけて、わが国の科学技術政策は大きな区切りの時を迎える。すなわち、科学技術基本法が制定されて20年。21世紀の科学の責務を謳ったブダペスト宣言(「社会のなかの、社会のた...


                • 熱い思いに支えられた サイエンス・カフェ

                  池田 文人|北海道大学高等教育推進機構准教授|
                   「フィンランドの教育で一番伝えたいことは何ですか?」2005年の12月、第3回サイエンス・カフェ札幌でフィンランドの教育について話をしましたが、その最初の打ち合せでスタッフの方に真っ先に...


                  • CoSTEP: why it matters

                    石井 哲也|北海道大学安全衛生本部特任准教授|
                     CoSTEPが10周年を迎えられたとの由、心からお祝い申し上げます。  生命倫理学を実践する私にとって、2013年12月21日に実施したサイエンス・カフェ「生命に介入する科学〜不妊治療・出生前...


                    • 杉山さんのアイデアと熱意に押されて

                      石原 孝二|東京大学大学院総合文化研究科准教授 (2008年まで北海道大学大学院文学研究科 准教授・CoSTEP運営委員)|
                       CoSTEP 10周年!おめでとうございます。準備段階や発足後の数年間、書類作成や組織運営などでお手伝いさせていただいたことを懐かしく思い出しました。CoSTEPは何もないところから、杉山さんの...