• 誰が科学技術コミュニケーターを 必要としているか

    栃内 新|北海道大学特任教授 (2005年から2010年までCoSTEP運営委員)|
     現在のCoSTEP(科学技術コミュニケーション教育研究部門)の前身CoSTEP(科学技術コミュニケーター養成ユニット)は、2005年の夏に登場し予定の科学技術振興調整費委託の5年間で終了となったが、2010...


    • グローバル化の中で活躍が求められる「CoSTEP人材」

      鈴木 章|北海道大学名誉教授|
       CoSTEPが2005年の創設以来10周年を迎えるに至ったことを、心よりお慶び申し上げます。  昨今、大規模自然災害への対応におけるアカデミズムの果たすべき責任や、研究不正問題が指摘される中...


      • 11年目に入るCoSTEPへの期待

        新田 孝彦|北海道大学理事・副学長 高等教育推進機構長|
         CoSTEPは、今年度、創設10周年という記念の年を迎えました。この間、高度技術社会において不可欠な科学技術コミュニケーターを数多く育成し、市民社会に貢献することができたことは私どもの大き...


        • 社会と大学の懸け橋として

          山口 佳三|北海道大学総長|
           北海道大学科学技術コミュニケーター養成ユニットとして2005年に創設されたCoSTEPが今年度をもって10周年を迎えるに至ったことは、誠に慶ばしき限りであります。  2009年度までの5年間は文部科...


          • 母校にCoSTEPがあることの誇りと期待

            渡辺 儀輝|立命館宇治高等学校教諭|
             CoSTEP創立10周年おめでとうございます。私の母校の北海道大学で、先端科学技術と市民をつなぐ科学コミュニケーションの先駆的な取り組みが継続してなされていることを、卒業生として非常にう...


            • より太い社会とのパイプに

              渡辺 雅彦|北海道大学大学院医学研究科教授|
               2007年11月17日(土)、私は「“頭がよくなる”って何だろう?~脳の発達の科学」というテーマで第26回サイエンス・カフェ札幌の担当講師を務めました。もう7年前のことですが、事前...


              • CoSTEPの「成功」を確信した瞬間

                渡部 潤一|国立天文台教授・副台長|
                 札幌の知人に天文界で有名なWさんという人がいる。アマチュアながらWさんの天体観測や解析スキルは、そのあたりのプロを遙かに凌駕しており、これまで多くの小惑星を発見し、北海道にちなんだ...


                • 連続講座「これからのエネルギー政策を考える」の思い出

                  吉田 文和|北海道大学大学院経済学研究科特任教授|
                   CoSTEPの思い出で私に強く残る印象は、低炭素プロジェクトと共同で、連続講座「これからのエネルギー政策を考える」を行ったことである。2011年3月11日の東日本大震災と続く東京電力福島第一原...


                  • CoSTEP ~ 近くて遠く、遠くて近いもの ~

                    吉田 省子|北海道大学大学院農学研究院客員准教授|
                     CoSTEPを科学コミュニケーション分野の1学派と見立てることを許していただけるなら、私は新学派形成に乗り出し始めようとしていた頃の杉山先生を記憶しています。理学部5号館旧科学史研究室で...


                    • 組織を越えて議論できる「コミュニティ」の充実を

                      横山 広美|東京大学大学院理学系研究科准教授 科学コミュニケーション研究会 初代代表|
                       CoSTEPの活動が10周年を迎えられますことを心よりお慶びを申し上げます。また関係者の皆様のこれまでの多くのご努力に敬意を表します。地域に根差した活動、活動と連動した教育、そして研究の...