CoSTEP - 10年の歩みコンテンツ
  • 「人」が真剣な面差しで育ちあう場所

    河井 孝仁|東海大学文学部広報メディア学科教授|
     私がCoSTEPでお話をさせていただいたのは2010年6月16日です。今でも、そのときのありさまが目に浮かびます。それから既に4年が過ぎました。しかし、その際に知己になった方で、今でもFacebook...


    • まちづくりにおけるコミュニケーター・ スキル18か条

      神長 敬|株式会社KITABA代表取締役|
       まちづくりの現場で会得した科学的根拠のないコミュニケーター・スキル18か条をもって、10周年のお祝いの言葉とさせていただきます。  コミュニケーターとは、1.うなずき共感すべし:相手...


      • CoSTEPの活動理念に共感

        加納 尚明|NPO法人札幌チャレンジド理事長|
         CoSTEP 10周年おめでとうございます。  札幌チャレンジドは、障がいのある人がITを活用する支援をしている団体です。CoSTEPの活動理念は、とても共感できるもので、科学技術が幅広く市民生...


        • スピーチライターとして振り返る10年

          蔭山 洋介|スピーチライター 株式会社コムニス代表取締役|
           私がスピーチライターとして仕事をはじめて、この4月で8年になりました。ですから、CoSTEPは2年先輩で、ほとんど同時期に始まったことになります。同時期からコミュニケーションについて取り組...


          • 図書館とのコラボレーションを期待

            岡本 真|アカデミック・リソース・ガイド株式会社 代表取締役/プロデューサー|
             CoSTEPが10周年を迎えるとのこと。何事も継続は力なりと申しますから、この節目は大きなお祝い事でしょう。私自身はCoSTEPに講師として数回顔を出したきりで不義理をしており肩身が狭いのです...


            • CoSTEPワークショップで 科学技術広報研究会は始まった

              岡田 小枝子|高エネルギー加速器研究機構(KEK) 広報室|
               理化学研究所(以下、理研)の広報室で働いていた2007年、CoSTEPが主催した「研究機関の広報支援ワークショップ」に参加した。  ワークショップは、全国30の研究機関、大学から広報担当者...


              • 高等教育研究者との密接な連携を

                小笠原 正明|北海道大学名誉教授 大学教育学会会長|
                 北大勤務の最後のころにCoSTEP開設の動きがあり、高等教育機能開発総合センター研究部(当時)の専任教員の多くがプログラムに参加することになりました。それで仕事が増えてセンターの先生は...


                • 貴重な議論の場としてのJJSC

                  江守 正多|国立環境研究所 地球環境研究センター 気候変動リスク評価研究室長|
                   僕は2007年ごろからの「地球温暖化ブーム」の中で、科学者として温暖化問題の解説をしたり、懐疑論に反論したり、時には温暖化対策の呼びかけを手伝ったりしながら、コミュニケーションについ...


                  • CoSTEPは右斜め後ろから照らす太陽

                    榎木 英介|近畿大学医学部病理学教室講師 サイエンス・サポート・アソシエーション代表|
                     CoSTEP 10周年おめでとうございます。早くも10年ですか……長かったような短かったような、そんな感じですね。  草の根でNPO活動を続ける私にとって、CoSTEPの存在は、いつも...


                    • 科学コミュニケーションと 科学ジャーナリズム

                      内村 直之|科学ジャーナリスト CoSTEP特別講師|
                       僕が科学についての文章を書くようになってからどのくらいの時間が経ったか。高校生の時の「日記」みたいなものなら40数年、小学生の「季節だより」からなら50年を超える。それでメシを食うよ...