• 11年目に入るCoSTEPへの期待

    新田 孝彦|北海道大学理事・副学長 高等教育推進機構長|
     CoSTEPは、今年度、創設10周年という記念の年を迎えました。この間、高度技術社会において不可欠な科学技術コミュニケーターを数多く育成し、市民社会に貢献することができたことは私どもの大き...


    • 科学番組を担当しながら私が感じていたこと

      永井 伸一|NHKアナウンサー|
       今から5年前の2009年、科学をどのように分かりやすく伝えたらよいのかという事について、お話しさせて頂きました。小さい頃は科学に興味があったのに、大人になるにつれて苦手になってしまった...


      • 僕のロケット開発も節目だった10年前のこと

        永田 晴紀|北海道大学大学院工学研究院教授|
         2005年7月にCoSTEPが誕生し、今年は10期生を迎え入れるとのことで、真におめでとうございます。自分自身のこの10年を重ね合わせて感慨深く感じています。  CoSTEPに初めてご縁を頂いたのは...


        • 北の大地に根付く科学技術コミュニケーション

          永山 國昭|総合研究大学院大学理事|
           異なるミッションを掲げ三つの大学で始まった科学技術コミュニケーター養成事業は、私がJST(科学技術振興機構)プログラムオフィサー(科学コミュニケーション)に就任した年に始まった。だか...


          • コーステップとつなサップ

            西村 裕一|北海道大学大学院理学研究院助教|
             2007年度と2012年度、CoSTEPのプロジェクト実習に津波防災集会を提案し採用していただきました。各担当教員だった隈本先生と石村先生、また実習に参加していただいたメンバーの皆さんに感謝し...


            • 壮大な実験

              野原 佳代子|東京工業大学留学生センター/社会理工学研究科教授 東工大サイエンス&アートラボ Creative Flow代表|
               CoSTEPさんは多くのユニークな人材を輩出され、さまざまな魅力ある活動をお持ちですが、中でも専門誌『科学技術コミュニケーション(JJSC)』の意義は計り知れません。CoSTEP 10周年という節目...


              • 修了生の益々の活躍を期待

                萩原 なつ子|立教大学大学院 21世紀社会デザイン研究科教授|
                 CoSTEP 10周年、おめでとうございます。  三上先生から講義のご依頼を受けたのは12月初旬。日程を聞いて私は大いなる勘違いをして「来週ですか?!」と驚きの声をあげたことを昨日のことのよ...


                • 「無知」の可能性について

                  長谷川 一|明治学院大学教授|
                   「CoSTEPの自己紹介ツールを発明する」というワークショップを実施させていただいたのは2007年10月だった。ユニークな発表が印象に残っている。  もし今また機会を与えられたら何をするだ...


                  • CoSTEPは北大の未来を明るくする

                    長谷川 靖哉|北海道大学大学院工学研究院教授|
                     学問や最先端研究の楽しさと素晴らしさを一般の人々に伝えることはとても重要です。CoSTEP活動の神髄は、まさに「学問を伝える」という点にあると思います。CoSTEPの「伝える力」は本当に素晴...


                    • 科学ジャーナリストからのお願い

                      八田 浩輔|毎日新聞科学環境部記者|
                       10周年おめでとうございます。2012年度の修了式に合わせたシンポジウム「社会の中のiPS細胞」でパネリストに呼んで頂きました。打ち上げの席でコーディネーターの石村さん始め、スタッフの方々...