• 科学コミュニケーションと 科学ジャーナリズム

    内村 直之|科学ジャーナリスト CoSTEP特別講師|
     僕が科学についての文章を書くようになってからどのくらいの時間が経ったか。高校生の時の「日記」みたいなものなら40数年、小学生の「季節だより」からなら50年を超える。それでメシを食うよ...


    • CoSTEPのエートス

      内田 麻理香|サイエンスライター|
       CoSTEPが産声をあげてから10周年。おめでとうございます。  私はあらゆる場面で、CoSTEP(および関係者の皆さま)に多大なる刺激を受けており、感謝の念に堪えません。  その中でも最...


      • “ Critical Friends of Science ”

        伊藤 真之|神戸大学大学院人間発達環境学研究科教授 神戸大学サイエンスショップ|
         2005年に取り組みを開始したいくつかの科学技術コミュニケーター養成に関わるコースのうち、社会人に開かれたCoSTEPには、私自身強い関心を寄せました。すばらしい取り組みと成果を重ねられて1...


        • 研究者とその卵の心強い助っ人、 CoSTEP

          伊藤 肇|北海道大学大学院工学研究院教授|
           私がCoSTEPさんに初めてお世話になったのは、2011年のサイエンス・カフェ(第59回「キセキが光る~動く分子のミラクルパズル~」)です。一般市民向けに自分の研究を説明するのは初めての機会...


          • 杉山さんのアイデアと熱意に押されて

            石原 孝二|東京大学大学院総合文化研究科准教授 (2008年まで北海道大学大学院文学研究科 准教授・CoSTEP運営委員)|
             CoSTEP 10周年!おめでとうございます。準備段階や発足後の数年間、書類作成や組織運営などでお手伝いさせていただいたことを懐かしく思い出しました。CoSTEPは何もないところから、杉山さんの...


            • CoSTEP: why it matters

              石井 哲也|北海道大学安全衛生本部特任准教授|
               CoSTEPが10周年を迎えられたとの由、心からお祝い申し上げます。  生命倫理学を実践する私にとって、2013年12月21日に実施したサイエンス・カフェ「生命に介入する科学〜不妊治療・出生前...


              • 熱い思いに支えられた サイエンス・カフェ

                池田 文人|北海道大学高等教育推進機構准教授|
                 「フィンランドの教育で一番伝えたいことは何ですか?」2005年の12月、第3回サイエンス・カフェ札幌でフィンランドの教育について話をしましたが、その最初の打ち合せでスタッフの方に真っ先に...


                • 科学コミュニケーション2014: これまでの10年&これからの10年

                  有本 建男|政策研究大学院大学教授科学技術振興機構 研究開発戦略センター副センター長|
                   今年から来年にかけて、わが国の科学技術政策は大きな区切りの時を迎える。すなわち、科学技術基本法が制定されて20年。21世紀の科学の責務を謳ったブダペスト宣言(「社会のなかの、社会のた...


                  • 私も生徒として受講したかった

                    阿部 竜|京都大学大学院工学研究科教授|
                     CoSTEP 10周年、誠におめでとうございます。私がCoSTEPに出会ったのは、2008年、ボストンで開催のAAASに北大から出展するにあたり、現地での実験担当を仰せつかったのが最初である。打ち合わせ...


                    • 研究者から見たCoSTEP

                      秋田 英万|北海道大学大学院薬学研究院准教授|
                       この度は、CoSTEPが10周年を迎えられるとのこと、誠におめでとうございます。  現在、研究者の研究成果公開活動を通じた国民との対話が推奨、あるいは時に義務化されております。研究者がどの...