2006年01月01日

成果物

もしものときの科学

カテゴリー:チラシ・ポスター
イベント:サイエンス・カフェ札幌
制作者:CoSTEP
制作年:2006年1月


 

イベント概要 第4回サイエンス・カフェ札幌 もしものときの科学 〜地震津波防災について〜



ゲスト:笠原 稔さん(北大大学院理学研究科教授)



    谷岡勇市郎さん(北大地震火山研究観測センター助教授)



開催日時:2006年1月13日(金)18:00〜19:30



 





 



なぜ,白くま? 2005年10月,北海道に上陸したクマさん(隈さん)こと隈本邦彦さん(当時CoSTEP特任教授)はNHK記者として25年間,医療・科学・災害関係のニュースを取材してきた報道のスペシャリスト。スタッフからは「クマさん」と慕われ,若いスタッフの中では兄貴的存在でした。



 



そのクマさんが,カフェの進行役とファシリテーターを務めます。 ちょっぴりたそがれを感じさせる白くまのシルエットがクマさんを彷彿させるでしょ?。 ヘルメット,保存食などを詰めた大きなリュックサック,ヤカン,そして寒さをしのぐマフラーを持たせたのですが,(クマさんにとって)大切な「ホイッスル(警笛)」を持たせ忘れてしまいました。



 



災害時,「ホイッスル」は必需品です。そんなクマさんの言葉を思い出させてくれる,大切で苦い一枚です。(大津珠子)