2014年03月28日

受講生体験記

大多数が受けていない教育は、映像制作だ!

ニューヨークの地下鉄車内でMichael Jacksonの名曲Billie Jeanを二人の若者がサックスで即興的に演奏したのが2013年3月31日。何人もの乗客が撮影し、翌日のYoutubeで世界中が話題騒然になった。この映像は以下4つの単語を同時入力して検索するとウェブ上に発見できる。 SAX BATTLE NYC SUBWAY

 

 私は、既に数十年働き還暦目前、長年の経験から仕事はそれなりに処理出来る。たまにウマく出来なくても人生そんなものと悟りきっていた。そんななか、CoSTEPのことを知った。募集説明会も終わった締切り直前だった。惰性と慣れで過ごしてもいいけど、新しい事を学べて、仕事やNPO活動に役立てられる。人生の後半を、面白く心豊かに出来そうだと直感した。
絵画、作文は小学校から習うが、映像制作を学ぶチャンスは少ない。しかし、ポケットにあるスマートフォンで撮影しパソコンで編集すると、無料で全世界にネット配信が出来る。迷うことなく本科の映像制作実習を志望した。

 

 CoSTEPでは、映像だけではなく、文章、デザイン、伝える理論・技術を徹底して学び訓練する。土曜ごとの講義は、様々な分野の専門家が、今まで知らなかった視点に気づかせてくれる。もっと前に聞いておけば、あの時に更にウマくできたはず、失敗しなくて済んだと感じることばかり。科学技術コミュニケーションに限らず、組織で働く者に役立つ多くを学べるのは素晴らしい。その意味では、就職活動前の学生にも力強く役立つ内容でもあることは確実だ。

 

 冒頭紹介の映像は観ただろうか? 撮影しただけの映像と編集された映像の違いに背中がゾクゾクするほど感動する。そこまではいかないが、CoSTEPで学んだ1年、私は3人の留学生たちの紹介ビデオを作ることが出来た。故国の友人や家族に、北海道大学で学ぶ姿を見せることができたと、心から喜んでもらえた事が、私も嬉しい。指導いただいた全ての先生に心から感謝している。次は、あなた自身が感動を映像化し、出来た作品を「CoSTEPチャンネル」に登録する番だ。CoSTEPで学ぶことを、強くお勧めする。

 

重田光雄
富士電機ITソリューション株式会社