2014年11月15日

活動報告

【ICTツール活用】スマホ顕微鏡アイデアワークショップでCoSTEPが発表

 

JST科学技術コミュニケーションセンター主催「Life is small」プロジェクトによるワークショップが、サイエンスアゴラにて開催されました。本プロジェクトは、顕微鏡による観察を通じて小さな生物を身近にし、市民科学者によるコミュニケーションを促すものです。今回のワークショップでは、スマホ顕微鏡を通じて市民が自ら新しいかたちの科学コミュニケーションやイノベーションを創出する可能性について、参加者全員で意見交換・交流を行いました。

 

 

CoSTEPからはサブユニット「教育」分野にてスマホ顕微鏡を活用した一般市民向けイベント「おしえてマトリョーシカ」ワークショップについて報告しました。後半、サブユニットごとのアイデアワークショップでは、小中学校の教育現場や科学館職員の方々と共に、ICT教育や環境教育としての活用の可能性、現場での課題を共有し、スマホ顕微鏡の科学コミュニケーションツールとしての可能性を探りました。

 

 

<企画概要>

 

司会進行 :川本 思心(北海道大学 CoSTEP)

運  営 :天元 志保(JST科学コミュニケーションセンター 調査員

挨拶/総評:永山 國昭(JST科学コミュニケーションセンター  フェロー

主   催:JST科学コミュニケーションセンター

プログラム:

前半 ー サブユニット報告

1)教育(学校教育、インフォーマル)

  竹下 陽子(お茶の水女子大学サイエンス&エデュケーションセンター 特任講師)

  出村 沙代(北海道大学 CoSTEP 博士研究員)

  長澤 友香(静岡科学館 る・く・る 館長)

2)環境調査

  寺田 勉(防府市青少年科学館 ソラール 館長) 

3)メディアアート

  福地 健太郎(JST科学コミュニケーションセンター 客員フェロー)

  望月 銀子(クリエイター、科学ボランティア)

4)観察ツール開発

  佐藤 和正(ラサール高等学校 教諭)

5)プラットフォーム

  早川 昌志(神戸大学大学院 理学研究科生物学専攻  博士課程3年)

 

後半 ー グループディスカッション