2015年04月17日

お知らせ

「CoSTEP10年のあゆみ」を公開しました。

    特設サイト「CoSTEP 10年のあゆみ」を公開いたしましたので、ご案内申し上げます。

     

    CoSTEPは10年間(第1期:2005〜2009年度/第2期2010〜2014年度)の活動を終え、この4月1日より科学と社会の橋渡しをミッションとし、科学技術コミュニケーション教育をより深化させるための第3期(2015〜2019年度)事業をスタートさせました。これまで培ってきた学内外とのネットワークを大切にしながら、北海道大学建学の精神の一つである〈実学の重視〉を深めていきます。これまでCoSTEPにご支援くださった市民のみなさまをはじめ、関係各機関のみなさま、修了生のみなさまに感謝いたします。あらためてスタッフ一同、心より御礼申し上げます。

     

    さて、昨年の7月に10年間の活動をふり返りながら、これから先の10年を展望するための記念事業の一環として記念誌『CoSTEP 10周年のつどい』を発行しました。おかげさまで、250部を科学技術コミュニケーションに関心のあるみなさまにお渡しすることができ、各方面から多くの励ましや労いのお言葉を頂戴しました。一方で、この事業に直接参加できなかったみなさまからも、CoSTEP10年のあゆみを公開してほしいという声が寄せられるようになり、同時に、CoSTEPとしても、より多くの方にこれまでの活動を報告したいという希望が強くなってまいりました。そこで、記念事業に賛同して下さったみなさまに協力していただき、特設サイト「CoSTEP10年のあゆみ」を用意しましたので、この場をかりてご案内いたします。

     

    【 CoSTEP10年のあゆみ 】
    > 代表挨拶|松王政浩「CoSTEPの10年と今後」
    > 初代代表挨拶|杉山滋郎「見つめ直そう」
    > 10周年に寄せて|ご支援いただいた皆さま
    > 10周年に寄せて|修了生

     齋藤 有香 / 中村 景子 / 定池 祐季 / 奥村 政佳
    > 写真でふり返る10年
    > CoSTEP私史|杉山滋郎

     

    また記念誌にご寄稿下さった方(10周年に寄せて|ご支援いただいた皆さま)は下記の方々です。(敬称略、原則としてお名前の五十音順に並べております。)

     

    山口 佳三 / 新田 孝彦 / 鈴木 章 / 栃内 新
    秋田 英万 / 阿部 竜 / 有本 建男 / 池田 文人 / 石井 哲也 / 石原 孝二 /
    伊藤 肇 / 伊藤 真之 / 内田 麻理香 / 内村 直之 / 榎木 英介 / 江守 正多 /
    小笠原 正明 / 岡田 小枝子 / 岡本 真 / 蔭山 洋介 / 加納 尚明 / 神長 敬 /
    河井 孝仁 / 川上 伸昭 / 楠見 孝 / 久保田 学 / 蔵田 伸雄 / 黒岩 麻里 /
    向後 千春 / 小林 国之 / 小林 隆司 / 小林 傳司 / 小松川 浩 / 佐倉 統 /
    佐々木 亨 / 佐々木 真由子 / 佐々 義子 / 佐藤 正和 / サンキュータツオ /
    敷田 麻実 / 重田 勝介 / 信濃 卓郎 / 白井 久美子 / 白根 純人 / 調 麻佐志 /
    末吉 哲雄 / 菅井 貴子 / 鈴木 克明 / 鈴木 貴靖 / 須田 孝徳 / 高橋 英樹 /
    高橋 理 / 瀧澤 一騎 / 武村 理雪 / 田中 徹 / 田中 幹人 /  玉木 一郎 /
    田柳 恵美子 / 津田 一郎 / 常見 陽平 / 土岐 小百合 / 永井 伸一 / 永田 晴紀 /
    永山 國昭 / 西村 裕一 / 野原 佳代子 / 萩原 なつ子 / 長谷川 一 / 長谷川 靖哉 /
    八田 浩輔 / 羽部 朝男 / はやのん / 原田 一朗 / 平川 秀幸 / 平田 オリザ /
    藤吉 隆雄 / 日置 幸介 / 本間 善夫 / 前田 義幸 / 松井 博和 / 松浦 正浩 /
    松崎 霜樹 / 松田 一敬 / 丸山 正明 / 溝渕 清彦 / 蓑田 裕美 / 美馬 のゆり /
    宮内 泰介 / 妙木 忍 / 棟方 渚 / 村松 秀 / 元村 有希子 / 森 裕美子 / 森田 洋平 /
    八木 絵香 / 柳下 正治 / 八代 嘉美 / 安田 節之 / 山岸 正美 / 山口 富子 /
    山崎 健一 / 山中 康裕 / 矢守 克也 / 行松 泰弘 / 横山 広美 / 吉田 省子 /
    吉田 文和 / 渡部 潤一 / 渡辺 雅彦 / 渡辺 儀輝

     

    みなさまの言葉を胸に刻み、科学技術コミュニケーション教育の一層の充実に寄与できるよう、スタッフ一同、教育と実践、研究に邁進する所存です。引き続き倍旧のご指導、ご鞭撻を賜りますようお願い申し上げます。