2015年09月29日

お知らせ

CoSTEPが実施している「サイエンス・カフェ札幌」が平成27年度グッドデザイン賞を受賞

 

公益財団法人日本デザイン振興会が主催するグッドデザイン賞は人々の暮らし、産業、社会を豊かにするデザインを顕彰する制度です。この賞は1957年に通商産業省(現在の経済産業省)によって「グッドデザイン商品選定制度」として創設され、およそ60年間継続されてきました。作品は有形無形を問わず、プロダクトデザインから社会貢献活動といった取り組みまで幅広く対象としています。

 

このたび平成27年度のグッドデザイン賞において、CoSTEPが設立された2005年から10年以上に渡り実施してきた「サイエンス・カフェ札幌」が受賞することになりました。

 

受賞作品名

触媒としてのサイエンス・カフェ札幌
~北海道大学 高等教育推進機構 科学技術コミュニケーション教育研究部門(CoSTEP)の10年間の取り組み~

 

 

作品概要

北海道大学の研究者が札幌の街なか(紀伊國屋書店札幌本店前のインナーガーデン)に出向き、市民と一緒にコーヒーを片手にカジュアルな雰囲気で双方向の対話を楽しむ場。毎回80~100名の市民が集い、北大の研究者が選りすぐりの話題を提供する1時間半のイベント。参加者に配布する「コミュニケーションカード」の効果によって活発な質疑応答、意見の応酬が行われる。2005年10月より82回開催。北海道大学の広報・アウトリーチ活動の中でも最も特色のあるものの一つとなっており、しばしばメディアに取り上げられる。科学の楽しい話だけではなく科学と社会にまたがる論争的な問題も積極的に取り扱っている。

 

応募カテゴリー

地域・コミュニティづくり/社会貢献活動

 

審査委員

 横川 正紀(クリエイティブディレクター)

 上田 壮一(クリエイティブディレクター)

 山崎 亮(コミュニティデザイナー)

 色部 義昭(グラフィックデザイナー)

 南雲 勝志(デザイナー)

 

審査委員の評価

各地でサイエンスカフェは行われているが、学生が主体となることで実践的な学びの場となっていること、地域に根ざしたテーマを積極的に取りあげることで、大学と地域を結ぶ試みになっていること、さらにはウェブサイトを通じた情報コミュニケーション、受講生による自発的なサイエンスカフェの実施など、質を向上させながら10年以上継続している点が高評価となった。各回のフライヤーやポスターのデザインにも、タイトル付けからグラフィックに至るまで参加者目線の工夫が随所に見られ、ありきたりなサイエンスカフェから一線を越えていこうというデザイナーの想いが溢れている。

 

受賞したのは以下の9名です。

・受賞代表者

  松王政浩(理学研究院 教授・CoSTEP代表)

 

・プロデューサー

  石村源生(CoSTEP 准教授)

 

・ディレクター

  川本思心(理学研究院 准教授)

  早岡英介(CoSTEP 特任准教授)

  葛西奈津子(CoSTEP 特任准教授)

  種村剛(CoSTEP 特任助教)

 

・デザイナー

  大津珠子(CoSTEP 特任准教授)

  朴炫貞(CoSTEP 特任助教)

  村井貴(CoSTEP 特任助教)

 

このたび非常に名誉ある賞をいただきまして、大変感謝しております。これもひとえに、これまで「サイエンス・カフェ札幌」のゲストとしてご参加いただいた数多くの研究者や実践者のみなさん、歴代のスタッフや修了生・今年度の受講生のみなさん、CoSTEP運営委員・専門委員のみなさん、オープンエデュケーションセンターのみなさん、会場を快くお貸しいただいた紀伊國屋書店札幌本店の方々、そして何よりも、毎回足を運び、カフェに参加してくださった市民の方々のおかげであり、感謝の念を深く心に刻んでおります。また、10年間の長きに渡り活動を支えてくださった本学組織の方々にも大変感謝しております。これからも、大学の知を触媒にした学びと交流、そして文化創造の場づくりのために、より一層邁進していく所存であります。なにとぞ、みなさまのご指導をよろしくお願いします。

 

詳細は「グッドデザイン賞の公式サイト」に掲載されています。