2016年02月15日

イベント案内

3/13(日)三省堂サイエンスカフェ「カムチャツカと北海道の森にみられる植物たちの 『これが私の生きる道』」を開催します

 

北海道大学低温科学研究所の原 登志彦さんは、1997年からロシア極東のカムチャツカの北方林を研究してきました。カムチャツカも含み、北緯45~70度に位置する北方林の総面積は、地球上の全森林面積のおよそ3分の1にあたり、熱帯林に次ぐ広さです。カムチャツカの自然は世界自然遺産にも登録され、美しく多様な生態系を形づくっています。

 

原さんの調査地の1つコズイレフスクは、最も寒い1月の平均気温が-18℃、最も暑い7月でも15℃、年平均降水量は450mmと低温で乾燥した地域です。このような環境では、植物は光合成のはたらきが制限され、北方特有の強い太陽光が細胞内で活性酸素を生むストレスとなってしまいます。とくに、地球規模の温暖化により極地では乾燥が進み、このような光ストレスの影響が大きくなっているといいます。


カムチャツカの森の植物たちは、このような過酷な環境で、それぞれに多様な生き方をしています。今後、地球環境の変化とともにカムチャツカや北海道など寒冷域の森はどうなっていくのでしょうか。


世界でもめずらしいカムチャツカの森の研究者、原さんと一緒に、探検に出かけてみましょう。探検の後は、日ごろ何気なく目にしている北海道の樹木を見る目がちょっと変わるはずです。
進行役は、「植物が地球をかえた!」などの著書があるCoSTEP教員の葛西奈津子がつとめます。

 

第22回 三省堂サイエンスカフェ in 札幌
日 時:3月13日(日)15:00~16:30

会 場:三省堂書店札幌店BOOKS&CAFE(UCC) 
(札幌市中央区北5条西2-5 JRタワー札幌ステラプレイス5F)

参加費:500円(ドリンク代含む)

定 員:30名(事前申し込み・先着順)

お申込み:電話(011-209-5600 三省堂書店 札幌店)、または三省堂サイエンスカフェのウェブサイトから
ゲスト:原登志彦さん(北海道大学低温科学研究所教授)

聞き手:葛西奈津子(CoSTEP特任准教授・スポーツ&サイエンスライター)
主 催:三省堂書店 札幌店

共催:北海道大学CoSTEP・日本学術会議北海道地区会議