2016年03月25日

活動報告

立命館慶祥SSH(スーパーサイエンスハイスクール)運営指導委員活動報告

CoSTEPでは、高大連携の活動の1つとして、江別市にある立命館慶祥中学校・高等学校のSSH運営指導委員を毎年、スタッフが務めています。 2015年度は、葛西奈津子(CoSTEP特任准教授)が運営指導委員として運営指導委員会とSSH課題研究発表会に出席し、また葛西・種村剛(CoSTEP特任助教)の2名で課題研究論文の指導を行いました。
    
スーパーサイエンスハイスクール(SSH)とは、文部科学省より指定を受けた高等学校等において、国際的な科学技術関係人材を育成を目指し、学習指導要領によらないカリキュラムの開発・実践や課題研究の推進、観察・実験等を通じた体験的・問題解決的な学習等、先進的な理数教育を実施する事業です。SSHとして、とくに大切な活動の1つが課題研究です。
課題研究とは、社会課題や学術課題に対してそれぞれの生徒がリサーチクエスチョンを設定し、研究に取り組み、r論文にまとめるものです。SSH課題研究発表会(2015年12月15日)では、ステージ発表とポスター発表が行われました。

 

パワーポイントでスライドを用意し、大きなスクリーンを使って発表する生徒

 

CoSTEPでは今年、立命館慶祥高等学校でのSSH教育活動への協力として、課題研究論文の指導・添削を行いました。事前にSSH担当の先生から3年生の生徒の論文初校を送っていただき、添削しました。その上で、実際に立命館慶祥高等学校を訪問し(2016年1月28日)、短い講義と個別指導を行いました。

 

講義のようす

個別指導のようす


論文にはびっしりと赤字で添削を入れました。少し厳しいことも書きましたが、直接、教室で向かい合って話しができたので、しっかりと大事なポイントは理解してもらえたように感じました。

定期テスト後の貴重な時間を、論文指導の時間にあててくださった立命館慶祥高等学校の先生方に感謝申し上げます。生徒のみなさんの成長を期待しています。

 

<今年度の研究テーマ例>
物理:ダイヤフラム式スターリングエンジンの製作、浮力、垂直軸型風車、電池の工夫
化学:酸性雨による影響
生物:パン酵母菌について、血中乳酸濃度について、昼夜逆転が及ぼす活動量への影響、ギョウジャニンニクの発芽と成長

その他:声と表情の関係性について、車の渋滞のシミュレーション

 

立命館慶祥高等学校のSSH事業について