2016年03月31日

活動報告

東北の生産者と映像でコミュニケーション「おいしいからはじめよう」松岡郁子さん(農学院)

CoSTEP本科11期生・映像メディア実習の松岡郁子さん(農学院修士2年・福島市出身)が取り組んだ、東北を食で応援するためにビデオメッセージで東北被災地の生産者と、札幌の人々をつなぐ映像プロジェクト「おいしいからはじめよう」をご紹介します。

 

 

このプロジェクトは松岡さんが中心となって、有志で2014年11月8日から続けられてきた飲み会「おいしい東北の集い」をもとに行われました。

「おいしい東北の集い」の情報はFacebookなどから発信しています。こちらをご参照ください。


福島や気仙沼などの生産者から野菜や魚を送ってもらい、札幌の食事処「小蝶(こちょう)」(北18条西4丁目)に集まって東北の味を楽しみながら、被災地の様子に思いを馳せ、楽しく語らうという会です。

 


今回のプロジェクトは以下のような流れで実施されました。

 

1.ビデオレター1「札幌から東北へ」

2015年9月28日 第6回「おいしい東北のつどい」…札幌の参加者から、生産者への感謝の言葉や

質問を映像収録。

第6回のプログラム(松岡作成)

 

2.ビデオレター2「東北から札幌へ」

2015年10月31日~11月2日「東北ロケ」…福島、気仙沼などで農業、水産業に関わる生産者の声を

映像で取材。

※詳細は以下URL参照

 http://costep.open-ed.hokudai.ac.jp/costep/contents/article/1399/

 

3.札幌での上映会

2015年11月30日 第7回「おいしい東北のつどい」

第7回のプログラム(松岡作成)

 

これらの様子を以下の映像にまとめました。ぜひ御覧ください。

 

ビデオメッセージで東北と札幌をつなぐ「おいしいからはじめよう」(15分34秒)

ディレクター:松岡 郁子  撮影:早岡 英介、三木 彰真  音声:中島 洋治

 

■作り終えた感想(松岡 郁子)

 

 

生産者と消費者の相互コミュニケーションの場を創造したいと考え、

このようなプロジェクトをやらせていただき、大変勉強になりました。

東北出身の自分でも知らなかったようなことや、気づかなかったことを

たくさんの方とともに発見することができたように思います。

 

映像は一人では決して作ることはできません。東北取材の際には

映像実習メンバーの中島洋治さんと三木彰真さんにたくさん手伝っ

てもらい、本当に頭が下がる思いでした。そして、取材先の皆さま

も快く受け入れくださり、たくさんのお話をお聞きすることが

できました。

 

今回のプロジェクトは、私だけの力ではとうてい成し得ず、チー

ム力がいかに大事かを感じました。

プロジェクトに関わってくださったすべての人に心から感謝いたします。

本当にありがとうございました。