2016年10月06日

活動報告

選科A活動報告「時をかけるトマト〜品種改良を通して考える人間と自然の関わり方〜」

 

CoSTEP選科A 1班「ナマラ・ネイチャー」

中島遥香 青山千穂、木村洋子、清水勇気、滝澤みちる

 

(制作チラシ 木村洋子作成)

 

 

1. イベントの目的・達成目標

 

日常的に食べており身近であること,遺伝子組み換えを理解せず問題視する声を疑問に思い,品種改良をテーマに選びました。品種改良,遺伝子組み換えも広義の進化であり,人の手によって進化の速度が早まった例です。

そこで,本イベントの目的及び達成目標を以下のように設定しました。

 

[目的]

人間中心で自然を見て良いのかを品種改良を通じて問題提起をする。

 

[達成目標]                  

- 品種改良を通じて人間と自然の関わり方を考える。

- 品種改良も進化の一部であることを理解する。

- 品種改良の話から遺伝子組み換えを想起させ考えさせる【発展】。

 

2. 内容


本イベントは、品種改良について①食べる②知る③作り出すの3部構成で実施しました。司会の清水と先生役の滝澤の2人の対話形式で行いました。

 

 

食べる

紙コップに入れたプチトマトを配布し、実食します。食べるときは、味だけでなく、形や食感、香りなど五感を使うよう伝え、意識して食べてもらいました。

 

(司会の清水勇気)

 

(試食するトマトはイエローアイコを用意しました)

 

知る

実食後に、今食べたトマトの形や美味しさは品種改良が行われた結果であると示し、品種改良の定義と人類の歴史との関わりを実物や絵画など様々な視点を取り入れて紹介しました。

 

(ジョバンニ・スタンキの絵画(1650年)に登場するトマトは、今とその形が違います)

 

 

作り出す

どんなトマトを作りたいか考え共有してもらいました。司会が実演しながらの説明、「〇〇なトマト」と端的な表現、キャッチーな共有の仕方を工夫しました。

 

(参加者がちるちる先生(滝澤みちる)と意見を共有しています)

 

(ワークの案内をする木村洋子と、参加者の意見を発表している青山千穂)

 

(タイムキーパーは、ディレクターの中島遥香が担当しました)

 

(参加者の皆さんから集まった理想のトマト・紙カップ)

 

進化・品種改良・遺伝子組み換えは時間スパンが違うけれど大枠として同じであり、本イベントタイトルの「時をかける」につながっていることを伝えました。品種改良のよい点だけでなく本イベントを契機に品種改良について考えてもらう問いかけを行いました。

 

 

3. メンバーの役割

 

各人が普段やらないこと、苦手なことに挑戦できるよう役割を定めました。

- ディレクター:中島遥香

- イベント司会:清水勇気,滝澤みちる

- 調査・コンテンツ作り: 滝澤みちる

- 試食体験準備:青山千穂

- チラシ作成:木村洋子

- アンケート作成:青山千穂

 

 

4. イベントを実施した結果

 

構成については、初めに全体像を提示することで流れが明確になったという意見、内容では、品種改良の歴史が良かったという意見に対し、科学的な話を聞きたかったという意見もありました。物足りなかったという意見もあり対象を考えた内容にする必要があります。実物の使い方について、もっと効果的に使えた、実食したイエローアイコの話題を聞きたかったという意見がありました。


他にも対話形式がわかりやすい、スライドがきれい、配布時の動線が良い、紙コップを用いたアイディアが良いなど様々な意見をいただきました。

 

 

 

上図は、「印象に残っている言葉」、「わからなかったまたはもやもやした言葉」を聞いたアンケート結果です。もやもやと考えてもらうことが目的だったので、このアンケート結果から実際に参加者に伝わったことと目的にずれがあったと分かりました。

 

 

5. イベントを実施して学んだこと、発見したこと

 

初めにイベントの目的・達成目標を共有し、目立つ所に書くことで、様々な場面で方向性を確認できました。時間通りの進行には、スケジュールを組み直すことが重要です。一方で冒険することも発想する上で重要です。また,制作途中で繰り返しリハーサルを行うことで構成の穴やストーリーのまとめ方が見えました。このラピッド・プロトタイピングの手法は、短期間で結果を出す場合や、意見がまとまらない時に,客観的に見直せる点で有効です。

アンケート制作では集計後まで見通して項目を作り込むこと、チラシ制作では情報を絞ること、シンプルな機能で作成できること、イベント司会の際は効果的な問い、参加者の発言への対応などファシリテーターの役割の必要性を感じました。

振り返りを可視化することで、自分の中の学びや経験をより多く残す事が出来、次の学習や機会に繋げることが出来ることを学びました。