2017年02月23日

イベント案内

3/5(日)三省堂サイエンスカフェ「ロボットとICTが導く農業の未来 ~現場の知恵を技術に変えて~」を開催します

 

現代の日本が抱える人口減少や少子高齢化といった課題は、日本の農業に与える影響も大きく、将来の継続的な運営の危機を迎えています。今回の三省堂サイエンス・カフェin札幌のゲストは、その救世主として活躍が期待されている「無人で動くトラクター」の開発者、野口伸さんです。

 

野口さんからは、最先端の研究と実践事例についてご紹介いただき、それらの活動を通じて見据えている日本の農業の可能性や、私たちの暮らしとの結びつきなどについてお話いただきます。進行役は、CoSTEP教員の西尾直樹がつとめます。

 

第24回 三省堂サイエンスカフェ in 札幌
日 時:3月5日(日)15:00~16:30

会 場:三省堂書店札幌店BOOKS&CAFE(UCC) 
(札幌市中央区北5条西2-5 JRタワー札幌ステラプレイス5F)

参加費:500円(ドリンク代含む)

定 員:30名(事前申し込み・先着順)

お申込み:電話(011-209-5600 三省堂書店 札幌店)、またこちらから
ゲスト:野口伸さん(北海道大学農学研究院教授)

聞き手:西尾直樹(CoSTEP特任助教・インタビュアー)
主 催:三省堂書店 札幌店

共催:北海道大学CoSTEP・日本学術会議北海道地区会議

 

ゲストプロフィール

1990年北海道大学大学院農学研究科博士課程修了。同研究科助教授などを経て2004年から現職。専門は生物環境情報学、農業ロボット工学。 農業のIT化・ロボット化研究の第一人者として国際的にも注目される。宇宙開発利用大賞内閣府特命担当大臣(宇宙政策)賞など受賞多数。 日本生物環境工学会会長、農業情報学会副会長などを歴任