2018年04月01日

お知らせ

【受付終了】2018年度CoSTEP受講生募集

 

【2018/04/19】
2018年度CoSTEP本科応募者の書類選考結果及び面接の日程を所定のURLにて行いましたので、本科応募者の方はご確認ください。

なお、今年度の受講生募集では二次募集を行わないこととなりました。

本科・選科とも最終合格者番号の発表は、4月25日(水)18:00に、同じく所定のURLにて行います。

 

 北海道大学CoSTEP(コーステップ)のカリキュラムは、「本科」「選科」があり、どちらも5月から翌年3月まで、約10カ月のコースです。

 本科は原則として水曜(18:30〜20:00)と土曜(10:00〜14:30)の授業に出席し、科学技術コミュニケーションをじっくり学びます。選科はe-learningを中心に学び(もちろん教室でも受講できます)、実際に北大で行われる3日間の集中演習に参加します。

 

 

■応募資格

 大学を卒業した方、またはそれと同等のリテラシーを有する方。

 文系・理系・年齢・職業などは問いません。学部生でも受講できます。

 

■募集定員

 ・本科 20〜30人

 ・選科 30〜50人

 

■一次募集  

 ・募集期間  :2018年4月 1日(日)〜4月16日(月)正午締切

 ・選考      :本科は書類選考と面接、選科の場合は書類選考のみにより決定します

 ・選考結果発表:2018年4月25日(水)※二次募集がある場合は後日、本サイトより通知します

 

■受講説明会

 ・札幌会場:北海道大学学術交流会館(札幌市北区北8条西5丁目)

       2018年4月6日(金)18:30~20:00

       2018年4月7日(土)13:00~15:30(修了生による座談会を予定)

 

 ・東京会場:北海道大学東京オフィス(千代田区丸の内1-7-12 サピアタワー10階)

       2018年3月26日(月)18:30〜19:30(修了生による座談会を予定)

      ※説明会は終了しました。以下の報告記事と映像を参考にしてください。

http://costep.open-ed.hokudai.ac.jp/costep/contents/article/1784/

 

■カリキュラム

 今年も充実した内容を準備して皆さんの応募をお待ちしています。詳しい内容は、CoSTEPサイトおよび2018年度募集要項に記載しています。ご参考にしてください。

 

◆本科| 講義+演習+実習

 教室に通って総合的な力を身につけます。

 

◆選科| 講義+集中演習

 e-learning視聴と3日間の集中演習を組み合わせた、忙しい方でも受講しやすいコース。

 

・講義(本科・選科必修)

原則として土曜13時〜14時半 ※必修(一部、変更の可能性もあります)

各界の第一人者が毎回90分の話題提供。クリエイター、サイエンスライター、科学ジャーナリスト、科学技術政策や科学教育の専門家など多彩な講師陣が授業を展開します。

 

・実習(本科のみ必修)

原則として土曜10時~12時 ※必修(調整して変更となることもあります)。大学の研究活動を題材にしたサイエンスライティングや広報媒体の作成、Webデザイン、グラフィックデザイン、映像メディア制作、サイエンスカフェ、アートによるプロジェクト等を実践。ソーシャルメディアを利用した実践の機会も用意されています。

実習は一つしか受けられません。各実習の内容は、CoSTEPサイトおよび2018年度募集要項に記載してます。

 

・演習(本科のみ必修)

原則として水曜18時半〜20時 ※必修(一部、変更の可能性もあります)。

 サイエンスライティングやプレゼンテーション、グラフィックデザインやデータ表現、Web制作等、科学技術コミュニケーターとしての活動に必要な知識とスキルを専任スタッフが直接指導します。

 

・選択演習・実習(任意参加)

希望者は映像表現やデザインスキル、ファシリテーション等に関する選択科目を受講できます。本科のみの科目や全員が受講できる科目など様々です。

また2018年5月27日(日)にアドビ システムズ 株式会社の協力によりPhotoshopとIllustratorに関する特別演習「デザインスキル演習」(本科のみ)を実施する予定です。正確な日程や内容に関しては、2018年度募集要項を御覧ください。

 

・集中演習(選科のみ必修)

選科は集中演習でサイエンスイベント企画・実施(A演習 8/24金〜8/26日 ※必修)

またはサイエンスライティング(B演習 10/6土〜10/8月 ※必修)どちらか1つを必ず選びます

集中演習は3日間北海道大学で行います。札幌キャンパスに来て仲間とともに集中的に学びます。選科は集中演習を受講しないと修了できません。

 

■受講料

 ・一般の方       本科:48,000円 選科:23,000円

 ・北海道大学在学中の方 本科:20,000円 選科:10,000円

 

■応募フォームの内容に関して

 2018年4月1日にCoSTEPのWebサイトから公開される応募フォームでは、氏名、生年月日などの個人情報や、本科応募の方は希望する実習や面接時間、そして選科応募の方はA、Bどちらの演習を希望するかといった内容を入力します。また顔写真の画像ファイルが必要となります。

応募フォームでは、以下のような志望理由と、課題文を記入する欄がありますので、参考までに、内容についてあらかじめ公開します。

 

志望理由書

北海道大学科学技術コミュニケーター養成プログラムで学びたい理由、学びたいこと、また、修了後学んだことをどう活かそうと考えているかの3点を整理し、以下に記してください(500字以内)。

 

課題文

科学技術コミュニケーションに関わる問題を1つとりあげ、解決へ向けて自分がどんな役割を果たしたいか述べてください。(800字以内)。

 

■開講特別プログラム

 5月12日(土)と13日(日)の2日間に渡って行われます。以下の内容を予定しています。※参加は修了要件ではありません。

 

 ◆開講式

 ・日時:2018年5月12日(土)13:00~18:00

 ・場所:北海道大学工学部フロンティア応用科学研究棟2F レクチャーホール(鈴木章ホール)

  ※開講式・特別講義・ガイダンスは、後日e-learningで配信します。  

 

 ・特別講義:メタクリエイターの発想法

  ゲスト:伊藤 博之 氏(クリプトン・フューチャー・メディア株式会社代表取締役/NoMaps実行委員長/北海道オープンデータ推進協議会理事長)

 

 ・ガイダンス 

 ・ウェルカムパーティ  

 

 ◆初回講義+ワークショップ

 ・日時:2018年5月13日(日)10:00~16:30

 ・場所:北海道大学工学部フロンティア応用科学研究棟2Fセミナールームほか

 ・講義モジュール1-1:「科学技術コミュニケーションとは何か」

  講師:川本 思心(理学研究院/CoSTEP准教授)

  ※本講義については今後の他の講義と同様,後日e-learningで配信します

 ・オープニング・ワークショップ

  4〜5名程度のチームに分かれ、それぞれ科学技術コミュニケーションに関する何らかのプロジェクトを企画するワークショップを予定しています。

 

■e-learningに関して

 CoSTEPでは講義をe-learningで全受講生に配信しています(主には遠隔地の選科生向け)。

 

受講を検討している方は、以下のサンプル動画を参考にしてください。

※パソコンで見ている場合、最新のAdobe Falsh Playerをインストールしないと視聴できないことがあります。

※スマートフォンでうまく表示されない場合、別のブラウザをお試しください。

 

「科学技術コミュニケーターの学び方」
2016/8/6 種村剛(北海道大学CoSTEP)の講義映像の一部

 

※うまく視聴できない方はこちらのリンクからご確認ください。

※講義内容のレポートはすべての講義についてCoSTEPのWebサイトから公開しています

 

・モバイル、タブレットにも対応

PCだけでなく、AppleのiOSやGoogleのAndroid等、モバイル・タブレット用OSでも視聴できます。ただし、できるだけPCで、またブロードバンド環境にて受講してください。

 

・講義当日の夕方には視聴可能

e-learningへのリンクや配布資料は、原則として講義が行われた日の夕方から夜にアップロードされます。準備が整わない場合、翌日以降になることもあります。

 

・配布資料もダウンロード可能

講義の配布資料もダウンロードできます。ただし、著作権等の関係で全ての資料がアップできるわけではありません。近郊の方はできるだけ教室での受講をおすすめします。講義によっては、配布資料がない場合もあります。

 

・過去の講義アーカイブも視聴可能

また過去の講義の中から、今年度の学習にも有益なものをスタッフ側で選んで、一部e-learningで視聴できるようにします。

 

■連絡先

募集に関するお問い合わせがある場合は、メールでCoSTEP事務室

costep_office [at] ml.hokudai.ac.jp までお寄せください。

([at]を「@」に変えてお送りください)。

 

以下のCoSTEP紹介動画(37秒)も参考になさってください。