2017年03月31日

受講生体験記

出会い?出会い!?出会い!!

昨年の選科Aに続き、今年は本科生でライティング・編集実習を受講した私だから言えることは、CoSTEPは出会いの場所だということです。

 

仲間、知識、新たな自分、そして先生。

 

出会いは多くのものを自分にもたらします。

 

選科Aでは、日本中の科学技術コミュニケーターと出会えます。3日間という短い期間で作りあげるイベントは、悩み、考え、仲間と気持ちをひとつにして、大きな力を発揮します。また、本科生の仲間は、気持ちをぶつけ、互いに協力し、様々な困難を乗り越えていきます。選科、本科、どちらの出会いも一生の仲間を見つけられます。

 

さらに、知識との出会いは、知らないことにワクワクし、学ぶ楽しさ、学び続ける喜びを教えてくれます。そこから、「こんな一面が自分にあるのか」と驚き、新たな自分に出会えます。

 

そして、最大の出会いは、「先生」と呼べる人との出会いです。社会人になり自分の「先生」と呼べる人は、周りに何人いるでしょうか?ライティングは書くということを学びます。書くスキルを身につけることは重要です。しかし、それ以上に書く心を学びます。それを教えてくれたのが「先生」です。「先生」に出会ったことで私は、科学を伝えるために「書く」とは一体なにか?といった疑問を持ちました。そして1年間の学びの中から、私なりのひとつの答えを見つけました。それは、人々の生活の中から生まれ、発展した科学を書き続けていこうということです。とりわけ、自分のフィールドである農業について書いていきたい。そして、2年間も科学技術コミュニケーションについて学んだ私は、こう言いたい。「私は、農業科学技術コミュニケーターです」と。

千脇 美香(本科 ライティング・編集実習)

農業サイエンスコミュニケーター