2017年07月28日

活動報告

「大学院生のためのセルフプロモーションI」終了、いいね記事を順次公開

「大学院生のためのセルフプロモーションⅠ(科学技術コミュニケーション特論Ⅰ)」では、大学院生が、自分の研究とその意義について紹介する記事を作成していきます。平易に研究を紹介することは、実はその研究に対する深い理解が必要になります。また、研究内容だけではなく、それに取り組む自分自身を如何に表現するかは、今後のキャリアを切り開いて行くためにも重要です。これらを通して、大学院生としてどのように社会と関わるかを実践的に学んでいきます。

今年は理学院、農学院、総合化学院、水産科学院、生命科学院、環境科学院、獣医学院、工学院から合わせて28名が履修しました。夏ターム(4月~6月)の短い期間で、課題ワークや受講生同士でのピアレビューを行い、記事を完成させました。

(函館キャンパスにもテレビ会議システムで配信。さらに1回スタッフが現地へ行き、直接指導もしました)

 

(受講生同士で原稿を批評しあう)

 

できあがった作品のうち7本を、北大の広報サイト「いいね!Hokudai」に週一本程度順次掲載していきます。ぜひご覧ください。

 

 

ヒトとは別だが役に立つ?~軟体動物が海藻をエネルギーにする仕組み~

鈴木亜悠(水産科学院 修士1年)

 

新しいバイオマテリアルを目指して! ~ハイドロゲルの新たな可能性みぃつけた~

村川航平(生命科学院修士1年)

 

”聖地”で化石を究めたい! ~野外調査への初挑戦~

太田晶(理学院 修士1年)

 

ボクとモグラと、時々イタチ ~好奇心は人生の栄養源!?~

吉村和倫(理学院 修士1年)

 

カバが説く生命の神秘

山村頌太(農学院 修士1年)

 

イオン液体でめっきと社会を「デザイン」する ~設計から応用まで、自分がやるからできること~

山﨑脩平(総合化学院 修士1年)

 

「解剖学」を武器に不妊症へ迫れ!~卵子をとりこぼす卵管に着目~

細谷実里奈(獣医学院 博士1年)