2017年08月18日

イベント案内

PICBOOK~芝生の上でアートを「読もう」~

2017年8月19~20日(土・日)10時~17時にかけて、中央ローンで本を貸し出し、外で読んでもらうイベントを開催します(主催 CoSTEP「札幌可視化プロジェクト」実習)。

 

 

PICBOOKと名付けられた本ワークショップでは、札幌や札幌国際芸術祭2017に関係する画集やアーティストの著作と共に、それに関連する別の見方の本を組み合わせて貸し出します。当日は無料で誰でも参加できます。ぜひ皆さんお誘いあわせの上、お越しください。

 

 

例えば、北海道の大自然と向き合い、木々と「対話」しながら彫刻を制作してきた砂澤ビッキの画集には、絶滅危惧種の動物を描いた絵本を組み合わせました。失われるもの、守るもの、に思いをはせてみませんか。

 

 

また、空に線を描こうとした彫刻家、宮脇愛子のエッセイ集には、和音を図像化した本を組み合わせました。目には見えないけれど、我々の世界に無数に存在する様々な波を感じるきっかけになればと思っています。

 

 

当日はその他にも様々な組み合わせを貸し出す予定です。ぜひ、自分のお気に入りのセットを借りて、芝生の上でアートを「読んで」みてください。

 

<日時>

2017年8月19.20日(土日) 10:00開始~17:00終了

 

<場所>

北海道大学 中央ローン

 

<参加費など>

入場無料 貸出セット 16組

 

<主催>

北海道大学高等教育推進機構 オープンエデュケーションセンター 科学技術コミュニケーション教育研究部門(CoSTEP・コーステップ)

 

<連携>

TERRACE

 

<連絡先>

北海道大学CoSTEP 特任助教 朴炫貞

メールアドレス:costep_office(アットマーク)ml.hokudai.ac.jp