2017年10月12日

活動報告

選科A活動報告「未来から問う遺伝子操作」

 

選科A 3班 パウエレミツ
飯田綱規、梅本里穂、金子浩子、仲居玲美、沼尾恵利子

 

 私達3班“パウエレミツ”チームは、「未来から問う遺伝子操作」というタイトルのサイエンスイベントを実施しました。現在、ゲノム編集を中心に遺伝子操作技術が隆盛する中、その利用を巡って活発な議論が起こっています。そこで、私達は遺伝子操作技術の利用がどこまで許されるのか考えてもらうため、その現状と展望を知った上で、将来自分が直面する事態として当事者意識を持って考えてもらうことを目標にしました。

 

準備

開始前からウェブ上で連絡を取り合い、科学だけでは解答が出せないトランスサイエンス的なテーマを扱いたいという意志をメンバー間で共有しました。また、多くのメンバーの専門分野が生物系であること、技術発展が目覚ましい一方で様々な倫理的問題を含んでいる分野であることから、初日早々に遺伝子操作技術をテーマとすることが決まりました。しかし、それ以降社会的・倫理的問題にどこまで踏み込むかという点にはたいへん頭を悩ませました。リハーサルなどで多くのフィードバックをもらいながら、寸劇を用いて遺伝子操作賛成派と反対派双方の視点を提示しつつ、色々な遺伝子操作のケースについて観客に賛否を問うスタイルに決まりました。この際、複数の問いに対する回答の違いを可視化することで、遺伝子操作に対する判断の境界線がどこにあるのかを意識してもらおうと考えました。

 

各メンバーの役割

 

  私達は、各人が学んでみたいことを軸に準備と本番でそれぞれの役割を担当することにしました。

 

 

本番

 まず、遺伝子とは何か?という問いから始めて、代表的な遺伝子操作技術と、将来人間にも適用できる可能性について解説しました。

  ここで、舞台は人間を対象にした遺伝子操作が現実のものとなった未来へと移ります。以下の問いについて遺伝子操作賛成派の少女と反対派の祖父がそれぞれの主張を述べた後、司会が観客に賛否を問います。

 

 

問いに対する賛否だけでなくどちらとも言えないグレーゾーンや選択の幅を表現するため、黒から白のグラデーションに塗られた紙を曲げて、色と幅の両方で意思表示をする形式をとりました。

 

回答方法を説明する司会の仲居玲美。白は遺伝子操作に対する積極的姿勢、黒は消極的姿勢を示す。

 

遺伝子操作を巡って議論する少女(演:金子浩子)と祖父(演:飯田綱規)

 

「肉が多く取れる牛を産み出すか否か」に対する観客の意見。

遺伝子操作する対象(ヒトと動植物)や属性(寿命と性質)によって、観客の判断は大きく異なっていた。

 

全ての質問が終わった後、事例の半分が既に実用化されていること、また操作対象となる要因ごとに人間と動植物で質問が対になっていたことを観客に明かし、遺伝子操作技術の進歩や、遺伝子操作する対象や属性による判断の変化を印象づけることをねらいました。最後に、今後も遺伝子操作がどこまで許されるのか、考えてもらうよう問いかけを行いました。

 

解説する梅本里穂

 

タイムキーパーの沼尾恵利子

 

イベントの結果

会場アンケート結果から、日頃から科学技術に関心をもっている人の6割程度が本イベントをきっかけに遺伝子操作について自分事として考えてくれたことから、ある程度の目標達成をみたと言えます。また、頂いたコメントのうち多くが寸劇や質問の回答方法について良かったとの評価であり、寸劇や質問がツールとして有効に機能したことがわかります。

その一方で、説明が分かりやすいと感じた人の割合は高くなく、知識の共有方法には大きな課題が残りました。観客の回答が再度示されなかったことへの不満、主張の不明瞭さ、用語の使い方などの内容面、およびBGMの使い方や劇の設定などの演出面について多くの指摘を受けました。

 

 

本企画から学んだこと

今回の企画における最も大きな課題は時間管理でした。指摘された内容のうち準備段階で話していた内容も多かったため、実装化する時間の不足が完成度の低さを招き、結果として説明の満足度の低さや自分事として考えにくい観客層の発生につながったと考えられます。特に、今回の企画では議論が発散しては収束できず、決定の遅延を何度も繰り返しました。それを踏まえて、私達が重要と考えたのが以下の三点です。

1点目は役割分担です。議論の整理やタイムキーパーを行う人を早い段階で決めることで、意思決定をすることができると考えられます。

2点目は議論の構造化で、ホワイトボードなどで論点を明示し全員の意見を整理することで、論点の混乱やメンバー間の発言量の相違を避けることが必要と感じました。

3点目は“やりたいこと”だけでなく“できること”の視点からも企画を立てることです。特に準備の初期では、思いついたツールを用いることを前提に内容を考えたり、テーマに対する一般的な論点を参照せず個人の嗜好を中心に議論が展開されたこともありました。

最後に、今回の集中演習に参加してみて、バックグラウンドや性格の異なるメンバーで合意形成を図ることの難しさを改めて感じました。その一方で、終盤に追い込まれる中、助け合って本番を乗り越えることができたのは互いのチームワーク精神と熱意があってこそだったと思います。楽しさも苦しさもあった中、たくさんの学びや課題を持ち帰ることのできた、有意義な3日間でした。