2018年02月02日

活動報告

「札幌可視化プロジェクト」実習レポート:札幌国際芸術祭2017は札幌をどのように可視化したのか

 

文責:一條 亜紀枝

 

「SIAF(札幌国際芸術祭)2017」が閉幕した10月の終わり、CoSTEP「札幌可視化プロジェクト」実習の一環として、トークプログラムが開催されました。CoSTEPの教員であり、聞き手として登壇した奥本素子先生は、そのねらいを次のように話します。「アートは、政治や経済、地域、社会が無視できないほどに、人を巻き込む力や社会を変える力を持っています。それをSIAFやほかの芸術祭から学び取り、科学技術コミュニケーションの一つの手段として身につけてほしいのです」。

 

 

(左から平井先生、奥本先生、朴先生)

 

第一部:トークプログラム

 

アートと芸術祭を語り、SIAF2017を振り返る。

 

ゲストの平井宏典先生は、和光大学 准教授であり、美術館を研究対象とする経営学者です。また、2014年に始まり、2017年に3回目を開催した「感じる芸術祭 真鶴まちなーれ」のディレクターを務めています。平井先生は、「都市型芸術祭と地域型芸術祭」「アートの活用事例」を説明しながら、「SIAF(札幌国際芸術祭)2017」を振り返りました。

 

 

 

都市型と地域型 — 「ヨコハマトリエンナーレ」と「大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ」

 

平井先生によれば、いま、日本各地で開催されている芸術祭は、大きく2つに分類できるそうです。1つは「都市型芸術祭」といわれるもの。政令指定都市や中核都市、つまり都市型の生活基盤があり、人口集積のある都市の美術館やビル、屋外では公園といった社会施設で開催されます。代表格が「ヨコハマトリエンナーレ」(神奈川県横浜市)です。もう1つが「地域型芸術祭」で、地方都市の山間部など、美術館インフラがあまり整っていない地方で開催されるものです。会場は、空き家や空き店舗、屋外といった普段はアートが展示されることのない場所

を使用します。地域型芸術祭は作品数が多いのも特徴で、代表格は「大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ」(新潟県十日町市・津南町)があげられます。

 

「地域型芸術祭が盛んなのは、日本特有の現象」と平井先生は指摘します。「『ヴェネツィア・ビエンナーレ』(イタリア)や『ドクメンタ』(ドイツ)など国際美術展は、アートに主眼を置いて、アートの質を問うものが一般的です。日本の芸術祭は、地域性を出す、まちおこしなどアート以外に目的があります」。

いまの日本の芸術祭ブームは、「越後妻有アートトリエンナーレ」と「瀬戸内国際芸術祭」(香川県直島を中心とする瀬戸内海の島々)から始まったと、平井先生は分析します。この2つの地域型芸術祭のインパクトが強く、地域振興を模索していた地方自治体が一斉に「芸術祭」に着目しました。「『瀬戸内国際芸術祭』の経済効果は一回の開催で130億円とも言われていますが、果たして投資に対しての効果はどうなのか。芸術祭のコストパフォーマンスは、実はそれほど高くないと考えています。むしろ、お金では算出できない効果があるのではないでしょうか。むしろ、瀬戸内ではUターン・Iターンで子育て世代が島に戻り、廃校が復活した例もあり、地域に人を集めるという点が注目されたと考えられます」。

 

平井先生が注目している芸術祭の一つに「あいちトリエンナーレ」(愛知県名古屋市・岡崎市・豊橋市)があります。「実験的で多面的な要素を持った芸術祭であり、都市型でありながら地域型の要素を取り入れたハイブリッド型」の芸術祭なのだそうです。象徴的なのは、会場となっている長者町の事例。廃れてしまった繊維問屋街だった長者町が、芸術祭によって注目が集まり、空き店舗にテナントが新たに入り、地域が息を吹き返したといいます。

 

 

 

小さなまちのアート活用事例 — 「感じる芸術祭 真鶴まちなーれ」

 

2014年、神奈川県にある人口7500人ほどの小さなみなとまち・真鶴町で「感じる芸術祭 真鶴まちなーれ」は始まりました。平井先生が、その発端から説明してくれました。「真鶴は、まちづくりのありかたで世界的に評価されています。真鶴町独自のルールをつくって、まちの景観の美しさを規定しているのです。数値ではなく、定性的な言葉で示されている「美の基準」です。たとえば、「舞い降りる屋根」という基準は、傾斜地にある家の屋根を斜面に沿って、山形の切妻屋根にしましょうというルールなのですが、屋根の勾配は何度にするなどとは言わずに、言葉で投げかけます。色彩基準もおもしろい。『ふさわしい色』とだけ規定されています。ふさわしいと思えば、原色もOK、むしろ赤は推奨されています」と、平井先生は語ります。しかし、このようなユニークな取り組みがある真鶴調も、消滅可能性都市にランクインするほど人口は減り、衰退の一途をたどっています。このまちをどうやって見つめ直せばいいのだろう。「美の基準」の施行からちょうど20周年にあたる2014年、現代アートの小さなプロジェクト「真鶴まちなーれ」は始まるのです。

 

まちを見つめ直すきっかけがアートだった理由を、「真鶴まちなーれ」のディレクターを務めた平井先生は次のように説明します。一つは、アートは周りの人を巻き込めるからです。作品をつくり、展示するなかで、まちの誰かしらに少しずつ迷惑をかけてしまう。それは、必然的にまちの人たちを巻き込んでいるということです。もう一つは、多様な価値観を許容できるからだそうです。「いまは好きなものも価値観も多様になっています。現代アートは、評価が定まっていないからこそ、見た人が好き勝手を言える。いろいろな価値観を許容できる、いい意味での曖昧さがあると思います。かつての収穫祭や盆踊りに代わるハレの舞台として、芸術祭というお祭りがあるのではないでしょうか。みんなで羽目を外して楽しみながら、真鶴の場合は、まちの美しさとは何かを考える思考実験の場だと思っています」と、平井先生は語ります。

 

(真鶴まちなーれの様子)

 

芸術祭ってなんなんだ? — SIAF2017をふりかえる

 

平井先生は、「SIAF2017」にチャレンジングな芸術祭という印象をもっているそうです。豊かな自然がイメージされる北海道で開催される都市型芸術祭であり、メディアアートに力を入れている札幌市の開催であり、芸術祭の後発組としておもしろい展開を見せてくれるのだろうという期待があったといいます。

しかし、『SIAF2017』を見ての率直な感想は、何をしたいのかがよくわからないというものでした。「『ヨコハマトリエンナーレ』は国際美術展、『あいちトリエンナーレ』は実験的。芸術祭ごとに特徴があって、意図やねらいが透けて見えるもの。でも、『SIAF2017』はアート・プロジェクトとしての目的がよく分かりませんでした。集客が目的なら、食関係のイベントのほうがコストパフォーマンスもはるかにいい。芸術祭には、集客以外の目的があると思うし、それがないと開催する意味がないと思います。『SIAF2017』を見ながら、今回のテーマだった『芸術祭ってなんだ?』という問いをずっと考えていました。そして、『SIAF2017』の目指した芸術祭とは一体なんなんだと思ってしまったのです。アート・プロジェクトとしての目的が見たかったですね」と、平井先生は打ち明けました。「《ARTSAT》のような視覚芸術以外のもの、《ノイズ電車》のようなパフォーマンス、《札幌デザイン開拓史》や《北海道の三至宝》のような非アート系の展示があって、これまでに含まれなかった作品を取り込んでいるのかと思いきや、芸術祭の常連組の作品もある。それが、アート・プロジェクトとしての目的を見えづらくしているのかもしれないですね」と、奥本先生は、『SIAF2017』の多方向的な展開がプロジェクトとしての方向性の混乱につながったと分析されました。

 

芸術祭は単なるアート展示ではなく、アート・プロジェクトであるという観点から、「みなさんもアート・プロジェクトを実施する際は、その目的を明確にして、アートとどういうふうに付き合うかをしっかり考えてほしい。アートにしかできないことが必ずあるから」と、平井先生は結びました。

 

第二部:CoSTEP「札幌可視化プロジェクト」実習生の指定討論— 平井先生、「可視化」実習生の?に答える。―

 

理想的な市民参加のかたちとは? — 好井 優衣

<好井>

「SIAF2107」の大友良英ディレクターの意図は、市民を巻き込もう、市民を主役にしようというものだと見ました。それは、前回は市民参加ができていないという批判に対しての解決策なのかと理解しました。

「SIAF」に市民はどういうふうに関わっていけばいいのか。「瀬戸内国際芸術祭」のようにその地域を盛り上げようとする側にまわればいいのか、アートにふれる機会を得て興味をもつ程度でいいのか。理想的な市民参加のかたちを知りたいです。

 

<平井先生>

群馬県に中之条町という温泉地があります。伊香保温泉と草津温泉のあいだにあって、観光客がなかなか集まらない。そこで、「中之条ビエンナーレ」が開催されています。そこのディレクターは「ほかに何もないから、芸術祭を開催するだけで注目される」と言います。「瀬戸内国際芸術祭」も同じようなことがいえて、だからこそ、市民が参加しているとも言えると思います。一方、「あいちトリエンナーレ」で感動したのは、長者町会場での「おもてなし」。ボランティアスタッフが帰ったあと、まだレーザー光線の作品が出ているとき、繊維問屋の若旦那が、ダンボールの切れ端に「レーザーが目に入らないように気をつけてください」と書いて注意を促していたのです。自分のまちに楽しみに来てくれた人に対して、善意の発露としてやっている。それが、「おもてなし」だと思うのです。田舎だからボランティアが活発とか、都市生活者は周りとの関わりが希薄とかではない。札幌だって、「SIAF」のやりかたや思想に感動してそういう「おもてなし」を始める可能性はないとはいえない。

そのためには、やはり祝祭性、祭り感がだいじなのだと思います。アートとは、普通の生活者として見過ごしてしまいがちなものを敏感に感じ取ったアーティストが、違うかたちで見せてくれるものだと思っています。問題や空間、意識を変容させてくれる。それを感じさせてくれるものが、祭りがもつ非日常感なのだと思います。

 

アート初心者が芸術祭を楽しむためには? — 越後谷 駿

<越後谷>

「SIAF2017」を見て、作品のキャプションに書かれていることは理解できるけれど、それ以上のことは分かりませんでした。何を伝えたいのか、どうしてこの表現になったのか。そのあと、芸術を勉強しないと新しい見方ができないということを知りました。芸術の鑑賞のしかたや予備知識を事前に教えてくれたら、初心者もより楽しめると思うのですが、平井先生はどう思われますか?

 

<平井先生>

現代アートは、予備知識なく見に行くと分からないことが多いです。特に、海外の作家は、バックグラウンドが違うので、全く分からない。まず、分からないということに後ろ向きにならないでほしい。スマホで検索するとだいたいのことは分かる世の中で、「分からないことを楽しむ」というのは、すごく大切だと思います。どんなに考えても理解できないものに2、3日のあいだ付き合ってみる体験は、アートにしかできない。この体験を大切にしてください。

そして、作品を理解しようと思ったら、芸術祭が用意しているガイドツアーに参加するのがいいと思う。自分がディレクターをする際には、アート作品と見る人の出会い方をものすごく考えています。「真鶴まちなーれ」の場合は、必ず「2時間以内、一筆書きで歩いて見て回れる」という条件で、ツアーを用意していますね。現代アート初心者のほとんどが、分からないというだけで見ることすら拒絶してしまう。無理やりにでも見せて、一緒に作品を楽しむ機会をつくりたくて始めました。参加者の満足度は高いですよ。SIAFは会場が離れすぎている。モエレ沼公園も札幌芸術の森もすばらしいけれど、アクセスを考えると、見る側にとってはちょっと…。つくり手のエゴと鑑賞者の都合のバランスをうまく取って、全体のデザインをするのもおもてなしの一つなのかもしれませんね。

 

市民が芸術祭にコミットする方法は? — 一條 亜紀枝

<一條>

市民が芸術祭にコミットする方法としての「ボランティア活動」について、平井先生にうかがいたいです。「SIAF2014」の際、ボランティアは「無償の労働力」でした。その反省から、今回は改善されたので、自発的なボランティア活動が生まれると期待しました。実際は、市民がボランティア活動に参加する機会を減らしてしまい、また、会場から求められている活動に参加するボランティアと、活動そのものを自分たちでつくり出すボランティアのあいだに隔たりを生んでしまったようにも感じます。ディレクターとして、また鑑賞者として、先生は、ボランティアについてどう考えていらっしゃいますか?

 

<平井先生>

「真鶴まちなーれ」では、ボランティアを募っていません。無償の労働力として体よく使い、やりがいを搾取するのは、ほんとうによくないと思うのです。先ほど話した真鶴のガイドツアーは、作品の管理としても理にかなっています。展示場所はマップにも記していないので、作品ごとに監視スタッフを置かなくてもいい。ガイドツアーの時間に1人だけスタッフがいればいいのです。割ける人員を考えて、そのスタイルをつくりました。

「真鶴まちなーれ」をとおして真鶴をみんなに紹介したいという志をもっている人に、正式に与えられたミッションが「ここで3時間ずっと作品を見張っていてください」では、その人のやる気に対して失礼だと思う。だから、志に応えられないくらいなら、ボランティアは募集しないことにしました。結果、何が起きたか。まちの人たちが勝手に行動を始めたのです。ガイドブックを広げて作品の解説するとか…。

ボランティアのありかたは一つではないと思います。とにかくお祭りっぽいから何か関わりたいっていう人にはこれ、もっとコミットしたい人にはこれ…と、たくさんのボランティア活動メニューを用意しておく。市民のニーズや自己実現したいこと、仕事内容を精査して、メニュー化するのがいいのではないでしょうか。

最近の風潮では、ボランティアとはいえ交通費やお弁当代は出すことを推奨されている。でも、経営学者だからこそ、お金ではない価値を大切にしたいと思っています。だって、交通費がないと、お弁当がないと、その人は来ないのですか。ボランティアだからこそ、気持ちで通じ合いたいと思っています。

 

まちでアート・プロジェクトをする意味とは? — 堤 光太郎

<堤>

「あいちトリエンナーレ」の長者町の話を聞いて、アート・プロジェクトを実施することで、その場所に変化が起きたり新しい意味ができたりすることは、とても重要だと感じました。「SIAF2017」では、取り壊しの決まっているビルが会場になっていたけれど、芸術祭を開催することでその場所を新しく違うものにしていこう、遺していこうという話は聞きませんでした。その疑問をふまえて、まちでアート・プロジェクトをすることで何を目指せばいいのかを聞きたいです。

 

<平井先生>

「ヨコハマトリエンナーレ」と完全にリンクしているわけではないけれども、「黄金町バザール」の話をしましょう。黄金町は、高架下に「ちょんの間」と言われていた、いわゆる風俗店が立ち並ぶ場所でした。そこを浄化、つまり強制的に退去させて、そこに現代アートを持ち込んでまちを再生しようとしたのです。それが、アートフェスティバル「黄金町バザール」の成り立ち。いまは、アトリエやギャラリーがあって、文化的な発信をしています。好意的にとらえられている一方で、アートという美しいもので臭いものに蓋をして、強引に歴史を塗り替えたという見方をする人もいる。賛成のほうが多いとは思うけれども、賛否両論あります。

「あいちトリエンナーレ」では、長者町のほかに、岡崎市の岡崎シビコという百貨店で新しい動きが始まっています。でも、回を重ねるなかで、毎回こういう変化があるかというと、どうでしょう。都市型芸術祭では、中心市街地での展示や作品の展開はけっこう難しい。都市だけに、店舗や住宅が多いので、会場の確保が大変なのです。実験的な挑戦を続ける「あいちトリエンナーレ」でも、難しいと思います。

芸術祭を開催することで、まちに変化が起きることはある。でも、それが目的になってしまうと、違うと思います。それなら、普通に都市開発をしたほうがいい。アート・プロジェクトの意味は、もっと違うところにあると思います。アート・プロジェクトは、どう転ぶか分からない。でも、分からないことを考えるきっかけをつくることはできると思います。想定できることなら、わざわざアート・プロジェクトなんてやらずに、直接問題解決すればいい。とんでもない展開になるかもしれないから、アート・プロジェクトをやってみる価値があるのだと思います。ただ、それにしても「SIAF」は何を目指しているのかが見えなすぎるというのはあるかもしれませんね。

 

最後に、「札幌可視化プロジェクト」実習の教員として、奥本先生と朴炫貞先生が「SIAF2017」を振り返りました。まず、奥本先生は、「大友良英さんの掲げた『芸術祭ってなんだ?』というコンセプトは、芸術祭の乱立するいまだからこそ必要だと思います」と話します。「コンセプトにはとても共感できる。『SIAF2017』に来ていないアート関係者はいまも『札幌はおもしろいことをやっているね』と言うくらいで、大友さんの問題提起は広く共感を集めています。でも、コンセプトにはとっても共感できるのに、芸術祭として入り込めない。これは何だろうという思いが、ずっとありました。すごく挑戦的で、なおかつ、現在の芸術祭、都市型芸術祭で考えるべきコンセプトがきちんと表現されなかったと感じるのは、どうしてだろう。色々な人の話を聞いて考えを深めていかないと、まだまだ解釈できないというのが、私の正直な感想です。テーマを決めてプロジェクトを実施するのだけれど、そのディレクションと表現にちょっとズレが生じたのではないかと私は感じています。それもまた芸術祭なのだろうと思いますね」と総括しました。

次に朴先生が「色々な立場の意見を聞くことは、『SIAF2017』を理解する、札幌を理解する、アートを理解する、さらにはアートとサイエンスコミュニケーションの関係を考えるために、とても有効だと思います。私もとても勉強になりました。感じたこと、考えたことを自分の言葉でしっかり表現してみることを続けるのがだいじなのかな。『SIAF2017』の感想としては、もうちょっとおしゃれにできたのではないかと思います。見た目のかっこよさではなくて、意味としてのおしゃれ。もっと芯のところがあったはずなのに、表面的なところで終わってしまった印象です。アートに期待しているものとそうではないものとのバランスが、大友さんらしさを出すことで偏ってしまい、表現の粗さが目立ってしまったのかな。でも、そこも一つの挑戦として肯定的に解釈できるとは思うので、今回の経験をどういうふうに生かしていくのかを考えていけたらいいのかなと思います」と締めくくりました。

 

 

「SIAF2017」は、好きな作品に出会えて楽しめました。ただ、腑に落ちないと感じたことも少なくありません。それは、アート・プロジェクトとしての目的の不明確さに起因していると、平井先生のお話を聞いて理解できました。科学技術とアートのコミュニケーターになるためにも、明確な目的を持ったプロジェクトを実施できる基礎力をつけなければと感じています。