2018年01月31日

イベント案内

第99回サイエンス・カフェ札幌「究極超合金★タービンブレード~より硬く、より粘り強く~」を、2018年2月18日(日)14:30より開催

 

1000℃を越える超高温!10tを越える遠心力!!そんな極限環境を耐え抜く豪のモノ。それは、「超合金タービンブレード」!主に飛行機のジェットエンジンや火力発電のガスタービンで使われているこの部品は、材料科学の研究によって支えられています。

 

「超合金」とは、さまざまな元素と元素を組み合わせて作られた、超高温にも耐えられる金属のことを言います。より高温に耐え、さらに故障にも強いタービンブレードの実現は、燃費や安全性の向上、CO2の削減につながります。子どものころアニメや玩具などで目にした「超合金」、ワクワクした気持ちで眺めていた方も多いかもしれません。実は、私たちの暮らしや社会を下支えしてくれている存在だったのです!

 

今回のサイエンス・カフェでは、工学研究院材料科学部門の3名の研究者をゲストに、既存の材料の限界を超えた性能を持つ究極の超合金の研究について、詳しくお話していただきます。 

 

*アツイ服装でお越しください 

 


■開催情報
第99回サイエンス・カフェ札幌 究極超合金★タービンブレード 〜より硬く、より粘り強く〜
【日 時】2月18日(日)14:30~16:00(開場14:00)
【場 所】紀伊國屋書店札幌本店 1F インナーガーデン
北海道札幌市中央区北5条西5-7 sapporo55 1F(011-231-2131)
【ゲスト】
三浦 誠司さん(北海道大学 大学院工学研究院 材料科学部門マテリアル設計分野 教授)
林 重成さん(北海道大学 大学院工学研究院 材料科学部門エネルギー材料分野 准教授)
大野 宗一さん(北海道大学大学院工学研究院 材料科学部門マテリアル設計分野 准教授)
【聞き手】西尾直樹(北海道大学 CoSTEP 特任助教)
【参加費】無料
【定 員】80名
【主 催】北海道大学高等教育推進機構オープンエデュケーションセンター科学技術コミュニケーション教育研究部門(CoSTEP・コーステップ)
【協 力】北海道大学 創成研究機構「ACEDEMIC FANTASISTA」事業  


【ゲストプロフィール】
★三浦誠司(みうらせいじ)さん 

北海道大学 大学院工学研究院 材料科学部門マテリアル設計分野 教授。稲城市(東京都)生まれ。様々な元素の新しい組み合わせから、誰も見たことのない合金を創る方法を研究しています。  

 

★林 重成(はやし しげなり)さん 

北海道大学 大学院工学研究院 材料科学部門エネルギー材料分野 准教授。大阪市(大阪府)生まれ。高温の世界において耐熱合金を守るための研究をしています。  

 

★大野 宗一(おおの むねかず)さん 


北海道大学 大学院工学研究院 材料科学部門マテリアル設計分野 准教授。北見市(北海道)生まれ。合金のミクロな構造をコンピューター・シミュレーションによって解き明かして新しい合金をつくる研究を行っています。