2018年02月27日

成果物

記憶の部屋1「怪物の部屋」

自宅。3部屋が書庫になっているが、書斎はもちろん、居間や玄関にも本棚が林立する。家中に中国関連の書籍や小物、落語・科学・特撮・宮﨑あおいのDVD、酒瓶などが壁にも床にも並んでいる。

 

圧巻は中国のマンガ「連環画」が壁一面に並ぶ書庫だ。1万冊にも及ぶ連環画の内容は様々。西遊記といった伝統的な物語だけでなく、第2次大戦中のゲリラの物語、鉄腕アトムの海賊版まである。そして書斎。ここにも乳房、女装、UFO等の怪しげな単語が並ぶ背表紙が、本棚から顔をのぞかせている。

 

部屋の主、武田雅哉の研究対象は、王道的な学問では注目されない、文化的周縁部の存在。武田はそれらを「怪物」と呼ぶ。

鍵をクリックして部屋に入る

 

怪物の部屋 ~札幌市内某所709号室~

武田雅哉(北海道大学大学院文学研究科・教授)

撮影日:    2017年8月28日・30日

パノラマ撮影:横谷恵二
肖像撮影:  中村健太

執 筆:      中谷操希・鈴木夢乃・福嶋篤(CoSTEPライティング・編集実習)
ウェブ制作: 岡碧幸・長谷川俊・何玉莹(CoSTEPメディアデザイン実習)
テキスト編集:川本思心(CoSTEP)

ウェブディレクション:村井貴(CoSTEP)

協 力:   北海道大学文学研究科研究推進室
総合アドバイザー:  早岡英介(CoSTEP)

コンセプト: 川本思心・村井貴(CoSTEP)

 

関連記事:いいね!Hokudai「連環画、乳房、八戒、飛行機械」