2018年07月21日

活動報告

アドビと連携した映像表現選択実習を定山渓で実施

CoSTEPで年に1回行われる映像制作の選択授業(本科も選科も受講可)は、集中して映像制作のスキルを磨くために最近では1泊の合宿形式で実施しており、昨年は厚真町で実施しました。今年は札幌中心部からバスで1時間程度の有名な温泉地、定山渓で2018年7月15から16日にかけて開催しました。

 

 

本科8名、選科2名が受講し、2人1組でチームを作って1本の映像作品を制作しました。映像メディア実習を担当する早岡英介特任准教授が授業全体を担当し、同実習の受講生2名およびCoSTEPの修了生3名もティーチングアシスタントとして参加しました。

 


 

本授業では以前よりアドビ システムズ 株式会社(以下、アドビ)のソフトウェア、Premiere Proを中心に映像編集を学んできましたが、前回のデザインスキル演習に続いて今回も連携授業を行っているアドビから名久井舞子さん(アドビ マーケティング本部インストラクター)と冨崎太一さん(アドビ グローバルサービス統括本部)が参加して下さいました。名久井さんからは、最新のアドビソフトウェアに関するレクチャーをしていただきました。

 

アドビ 名久井舞子さん

 

初日はあいにくの雨で、宿泊した定山渓ホテルの会議室を使って座学を中心に進めていましたが、次第に雨も上がったので、外へ出て撮影の下見(ロケハン)を行いました。
今回制作する映像のテーマは「定山渓で面白いもの、見つけた」。対象物をいかにビジュアルで表現し興味を持ってもらえるように伝えられるかを学びます。

 

 

今年もあっと驚く工夫をこらした以下のような作品が完成しました。毎回、受講生の自由な発想には、教えている側が気づくことも多く、またあっという間に撮影技法やPremiereの操作方法をマスターする柔軟性にも驚かされます。

 

 「温泉まんじゅうよりアップルパイ」
 小池優(本科・ライティング・編集実習),松田直輝(選科B)
「CoSTEP定山渓ほっこり旅」
 田渕久倫(本科・ライティング・編集実習),大津恵実(本科・対話の場の創造実習)
「おいしいもの発見! in 定山渓」
 大橋真智子(本科・メディアデザイン実習),高桑雅弘(本科・グラフィックデザイン実習)
「新・河童伝説」
 春日遥(本科・メディアデザイン実習),樫村尚宏(本科・グラフィックデザイン実習)

 


「かくれかっぱみ〜つけた」
 佐久間有希(選科B),長内研(本科・対話の場の創造実習)
「定山渓 河童伝説」(TAチーム)
 村田祥子さん(本科・映像メデイア実習),谷内元さん(本科・映像メデイア実習),

 畠山隼輔さん(12期映像メディア実習修了生・CoSTEP技術補助員),

 村中令さん(9期映像メディア実習修了生),堤光太郎さん(13期札幌可視化プロジェクト実習修了生)
「Star Bright Forest 自然と共創するイルミネーション」
 村中令さん(9期映像メディア実習修了生)

 

今年もCoSTEP映像合宿、とても充実したものになりました。受講生、TA、アドビの皆さん、お疲れ様でした!