2019年07月05日

活動報告

繁殖するビースト Strand of Lives~北大生は生命観をどう表現するのか~

札幌芸術の森美術館で7月13日から開催される「テオ・ヤンセン展」と連動し、北大では参加者が限られた環境で生きる生命というコンセプトを可視化するワークショップ、「繁殖するビースト Strand of Lives」を開催してきました。

 

 

風だけで動く砂浜の生命体、「ストランドビースト」を生み出す世界的なアーティスト、テオ・ヤンセンの作品からインスピレーションを受け、有志で集まった北大生、CoSTEP生を中心に自分の専門やバックグラウンドを生かしながら新たな生命像を作っていきます。

 

初日には、用意されたカードを使って「これは生命か生命ではないか」について話し合いました。「ミトコンドリア、祖父が書いた日記、ミッキーマウス、有精卵、時間、Siri…」など、生命だと思われるものはその理由について話し合いました。立場によって、価値観によって、参加者が生命だと思う解釈は多様で、生命と非生命の間に自分達は何を感じているのかを改めて振り返る場となりました。

 

 


その後、1か月、各チームに分かれて、生命とは何か、そして生命が生きる上での環境とは何かということを考え、それを可視化していく作業に移りました。

 

先日の最終発表では、コンセプトを可視化した様々な生命観が披露されました。これらのワークショップの結果は、7月16日に開催される第 107 回 サイエンス・カフェ札幌 特別編「北海道大学が紐解くテオ・ヤンセンの世界」の会場前(北海道大学 工学部フロンティア応用科学研究棟 2F ホワイエ)で16時から展示されます。ぜひ、生命とは何かという思考の軌跡をご覧ください。