2019年07月31日

活動報告

2019年度 前期学部授業「北海道大学の「今」を知る」終了

CoSTEPが提供する人気の学部授業「北海道大学の「今」を知る」が今年も無事終了しました。この授業は学生が主体となって、北海道大学の研究者に取材をし、記事を執筆することを通して、学ぶとはどういうことか、研究とは何か、大学とは何か、そして北海道大学とはどのようなところかを学ぶことを目標としています。最終成果物は「いいね!Hokudai」に掲載されます。

 

大学入学したばかりの29名の学生たちは5つのグループに分かれ、チームで活動しました。CoSTEPスタッフは取材依頼の仕方、写真撮影の仕方、インタビュー手法、文字起こし、文章執筆等をレクチャーしながら、学生チームの企画・取材・執筆をサポートしていきます。

当初お互いに遠慮がちだった学生は、企画が進み、取材日が近づくにつれて、役割分担をしながら真剣に取り組んで行きます。そして取材前の緊張の面持ちも、取材後は研究者の生の声にふれて皆、笑顔になるのが印象的です。最終回では半期の学びを振り返ります。この授業で学んだスキルと意識、そして仲間はこれからも続く大学での学びの糧となるでしょう。

本講義の成果物である記事は、計10本です。「いいね!Hokudai」にて順次掲載してまいりますので、ぜひご覧ください。

 

  • 取材先:森 傑さん(工学研究院 教授・建築学) 【指導担当:種村剛】

「建築士はまちの整体師(1)~人口問題をときほぐす~」

小栗一希・法学部1年/松嵜泰智・工学部1年/早川竜平・総合理系1年

「建築士はまちの整体師(2)~三つのアイテムから読み解くその原点~」

村田凌・医学部1年/鈴木世莉奈・総合理系1年/遠藤綾乃・総合理系1年

 

  • 取材先:小篠隆生さん(工学研究院 准教授・建築学) 【指導担当:川本思心】

「地域をつなげる建築(1) ~余白のデザインを企てる~」

松本虎太郎・法学部1年/田渕健太朗・総合理系1年/内田真奈美・医学部1年

「地域をつなげる建築(2)~本から学ぶ、視点を変える力~」

吉岡跳生・総合理系1年/大屋壱世・総合理系1年/三田尾有希子・文学部1年

 

 他6本