2019年08月01日

活動報告

Adobeソフトを使った大学院授業「セルフプロモーション2」で研究紹介動画を制作

CoSTEPが提供する北海道大学大学院共通科目「科学技術コミュニケーション特論2(大学院生のためのセルフプロモーション2)』で6本の動画を大学院生たちが作りました。

 

 

この授業では、北大が全学に導入しているAdobeのPremiere ProやPhotoshop、Illustrator、After Effectsなどビジュアル系ソフトをフル活用して、自分の研究内容やその社会的意義をアピールする1〜3分程度の動画を作ります。

 

 

全員がこうした機材やソフトについては初心者でしたが、この授業では基礎から教え、複合的なメディアスキルを身につけることができました。研究紹介に適した写真を加工する、イメージ映像をインサートする、BGMやテロップを挿入するといった作業を通じて、スキルだけでなくメディアリテラシーも学べます。

 

 

今年も授業外の時間も費やして、編集にこだわる学生たちの姿が見られました。色紙やビー玉を使ってコマ撮りアニメーションを作ってみたり、ナレーションとCGで化合物の化学発光を説明する動画や、原因がはっきりしない鼻の内部にできるポリープの危険性を啓発する動画など、様々な作品が生まれました。

これらの動画は今後、修正を加えた後に、Facebookページ「いいね!Hokudai」から順次、公開していきます。お楽しみに。

 


「あなたの鼻風邪 好酸球副鼻腔炎かもしれません」                  中薗 彬(医学研究科)
「世界をスケートリンクに!?GELを使った低摩擦材料の開発」武藤 史弥(生命科学院)
「毒キノコの仲間!?守護シン菌 Trichoderma virens」          高井 浩哉(農学院)
「海底のタイムカプセル ”縞々”が語る日本海の過去」              鈴木 朝子(理学院)
「可能性のハーモニー アンサンブル予報」                                菅原 邦泰(理学院)
「光のア○パ○マ○!? ジオキセタンが起こす不思議な現象」    久野 嵩史(生命科学院)

 

2018年度作品へのリンク

2017年度作品へのリンク

2016年度作品へのリンク

2015年度作品へのリンク

2014年度作品へのリンク

2013年度作品へのリンク

2012年度作品へのリンク