2010年10月09日

活動報告

受講生がノーベル化学賞記者会見を取材

    10月6日(水)19時から始まる選択授業「科学技術を伝えるデジタル・コンテンツ」を受けるために集まっていたCoSTEPの受講生たち。何となく見ていたスウェーデンのノーベル財団のHPで、北海道大学の鈴木章名誉教授が、2010年のノーベル化学賞を受賞したことをリアルタイムで知ってびっくりしました。
     

     受賞を知って驚くCoSTEPのメンバー
     

    記者会見の様子をスライドショーにまとめました

    (1:23)

     
    ←クリックすると再生されます。
     
     
     
     その後、20時から学内で行われた記者会見に急きょ駆けつけました。取材を行ったのは、本科の安倍隆(あんばいたかし)さん、上口愛(うえぐちめぐみ)さん、岡本崇(おかもとたかし)さん、児玉耕太(こだまこうた)さん、高橋里英子(たかはしりえこ)さん、平田栄夫(ひらたよしお)さんです。
     

     ノーベル化学賞を受賞した鈴木章名誉教授
     
    ノーベル賞の受賞記者会見を見ることができるなんて、おそらく一生に一度あるかないか。せっかく北大にいるのだからまたとないチャンスです。ビデオカメラなどをもって、プロの記者に混じって撮影してみました。
     
     

     ノーベル賞受賞記者会見にのぞんだ受講生
     
    北海道大学初のノーベル化学賞受賞記者会見の様子はどんな感じだったのでしょうか?その模様をスライドショーにまとめました。ぜひ、現場の臨場感を味わってみて下さい。