2010年12月16日

授業レポート

学問を生かす社会へ!

12月8日、アカデミック・リソース・ガイド株式会社代表取締役の岡本真さんをお招きし、「学問を生かす社会へ−ウェブが架橋する社会と学問」と題する講義をしていただいた。岡本さんは、ヤフー株式会社で「Yahoo!知恵袋」等のディレクションを行った後会社を設立され、「学問を生かす社会へ」というビジョンで活動を行っている。


岡本さんは、ヤフー時代から10年以上にわたり、学術情報を専門分野同士の壁や、専門家と市民の壁を超えて流通させることを目的としたメールマガジンARG(ACADEMIC RESOURCE GUIDE)を発行している。ARGの編集方針は、「分野を問わない」「発信者を問わない」「「学術利用」への関心という一点の接点」というシンプルなものである。この方針に則って十年以上にわたり発行を継続した結果、メルマガを軸としたコミュニティが形成され、様々な成果が生まれることとなった。


これらの成果を要約すると、世の中で問題とされる以前から先進的なオピニオンを提示する「知見の先行」、Web2.0の時代における「構想の提言」、ARGを起点とした新たな「研究の誕生」となる。


さらに岡本さんは最近では、ウェブの世界から活動の幅を広げ、ARGカフェ&ARGフェストというリアルイベントを行っている。これまでに全国各地で10回の開催を数えているが、このイベントは、ARGカフェというライトニングトークの部分と、ARGフェストというパブでの立食パーティーの部分からなる。このような場のあり方自体も、参加者がまんべんなく言葉を交わし、ネットワークを形成するために、周到に設計されたものなのである。そうすることによって、岡本さん、あるいはARGを介さなくとも、参加者同士が勝手にどんどん繋がって、新たな活動の芽を育てていくことが期待されるのである。


ウェブ、出版界、図書館業界、大学、地域活性化など、ますます活動のフィールドを広げる岡本さんの今後から、私たちも目を離せない。

※講義資料はこちらからダウンロードできます。