2011年08月06日

イベント案内

9月26日(月)18時30分から、金子熊夫氏の講演「フランス等はなぜ原子力利用を推進するのか?」

 「これからのエネルギー政策を考える」リレー講演会の第4回目を開催します。

 
・日時:2011年9月26日(月) 18時30分〜20時30分
・会場:北海道大学 人文・社会科学総合教育研究棟
・講演者:金子熊夫氏(外交評論家/エネルギー戦略研究会会長)
・講演題目:「フランス等はなぜ原子力利用を推進するのか? 〜エネルギー政策の戦略性と民族性〜」(仮題)
・対象:経済・政策・科学技術・市民活動など様々な領域で活動する人、
     一般市民、北海道大学関係者など
・定員:約100人(先着順)
・入場料:無料
・主催:北海道大学CoSTEP、北海道大学「持続可能な低炭素社会」づくりプロジェクト
 
 
「これからのエネルギー政策を考える」リレー講演会の趣旨・形式などについては、こちらをご覧ください。
 
以降の予定
第5回目は、10月25日(水)に「地球環境とエネルギー:原子力発電の必要性」と題して、奈良林 直 氏(北海道大学 工学研究院・教授)にお話しいただきます。
 
第1回目、第2回目、第3回目の録画放送
6月28日に開催された吉田文和氏(北海道大学 経済学研究科・教授)による第1回目の講演「3.11後のエネルギー政策 〜脱原発で温暖化対策は可能か〜」、7月20日に開催された竹内敬二氏(朝日新聞 編集委員)による第2回目の講演「日本における自然エネルギーの展望」、そして8月3日に開催されたミランダ・シュラーズ氏(ベルリン自由大学教授)による第3回目の講演「ドイツの脱原発政策」は、ここで録画を視聴することができます。