2011年11月30日

活動報告

科学の祭典千歳大会にて「地域と大学の連携」実習チームが「サイエンスカード」を出展

 11月23日(水・祝)10:00〜15:00、千歳市民文化センターにおいて「青少年のための科学の祭典千歳大会」が開催され、「地域と大学の連携」実習チームは「サイエンスカード」を出展しました。

「サイエンスカード」とは、特定の科学のテーマに関するクイズやうんちくを名刺大のカードの両面に記載したもので、イベントなどの際にテーマにちなんだ内容のものを参加者に配付します。
 イベントを一過性のもので終わらせるのではなく、家に帰ってからもそれをきっかけにイベントを振り返り、親子で科学について語り合ってもらうことをねらいとしたものです。
 
今回の科学の祭典では、出展ブースにあわせて、「サケ」「空気」「飛行機」「電気」「ハクチョウ」の5つをテーマにしたカードをそれぞれ300セット制作し、それぞれのカードに関連するテーマのブースの位置で配付しました。カードは10枚1セットになっており、切り離して使えるようになっています。
 今回の来場者は主催者発表で2,678名でした。そのうち、のべ1,000名程度、単純計算で10,000枚のサイエンスカードを配付しました。来場者を見ていると、一つのテーマのカードをもらうと、他のテーマのカードも欲しがって集めている様子がうかがえました。
 
 カードと同時にFAXで回収するアンケートを配付しており、その結果を集計して今後の活動に反映させていきたいと考えています。