2007年01月13日

成果物

CoSTEPが制作協力しているFM番組「FRONTIER SPIRIT RADIO With 北海道大学」第15回放送

正しいお風呂の入り方〜大切な皮膚の角質を削ってはいませんか 北大大学院医学研究科 清水宏教授インタビュー


コーステップの受講生が制作協力しているFM番組 「FRONTIER SPIRIT RADIO with 北海道大学」15回目の放送は、北大大学院医学研究科の清水宏教授インタビューです。

清水先生は皮膚科が専門です。皆さんは、お風呂に入って体を洗う時、ナイロンたわしでごしごしこすったりしていませんか?そんなことをすると、とても大切 な皮膚のいちばん外側の角質を削ってしまいます。本当は、角質はそのままそこにいて、その部分を守っているのです。むやみに削ってはいけません。石けんで そっと表面を洗い流すだけで十分なのだそうです。

特に北海道の冬の室内は外との温度差のせいでとても乾燥していることが多いので注意が必要だということです。こんな話が聞けるインタビューの前半は、ここをクリックすると聞くことができます。

いま増えているアトピー性皮膚炎も、皮膚の角質のバリア機能が低下した人に発生しやすいことがわかってきています。
アトピー性皮膚炎患者の不安につけ込んだアトピービジネスも後を絶たない中で、北大病院の皮膚科では、アトピー性皮膚炎の患者さんが短期入院して、正しい 皮膚のケア方法や正しい薬の使い方を学ぶという試みを行って、効果を上げているそうです。そんな話が聞けるインタビューの後半は、ここをクリックすると聞くことができます。