2018年07月10日

活動報告

2018年度「大学院生のためのセルフプロモーションI」終了

研究とは何か、自分自身の強みとは? 一般向けの文章の作成を通してこの問いを考えて行く「大学院生のためのセルフプロモーションⅠ(科学技術コミュニケーション特論Ⅰ)」を今年も春タームに実施しました。

(実践的なワークに取り組む)

 

今年は計30名が履修しました(農学院6、生命科学院5、総合化学院4、水産科学院4、理学院3、環境科学院2、工学院2、獣医学院1、文学1、教育1、国際メディア1)。初回ガイダンスは4月11日、最終回は6月6日、計8回という短い期間で、ワークや受講生同士でのピアレビューを行いながら、各自が自分自身の研究を紹介する記事を完成させました。今年は新しい取り組みとして、ライティングに関する講義映像を視聴し、それを実際の授業で振り返るという形式も実施しました。

 

授業の概要

  1. ガイダンス
  2. 科学技術コミュニケーションとセルフプロモーション
  3. SNSとセルフプロモーション:相互インタビュー・写真撮影
  4. 文章の構造:文章分析・文章デッサン(説明文)
  5. 説明と描写:研究室の描写
  6. ピアレビュー
  7. ピアレビュー
  8. ピアレビュー・ふりかえり

(相互インタビューの様子)

 

(札幌キャンパスと函館キャンパスの学生も動画通話システムを使ってピアレビュー)

 

できあがった作品のうち6本を、北大の広報サイト「いいね!Hokudai」に週一本程度順次掲載していきます。ぜひご覧ください。

新たな肥満治療を目指して~高脂肪食でデブ菌が増えるメカニズムを探れ!~

坂本佳奈子(農学院 修士1年)

 

ホッキョクグマを訪ねて三百里 ~ちゃんこい博士見習い、北極海を奔走す~

神保美渚(獣医学院 博士1年)

 

骨が折れても、泣かないやめない心は折れない ~骨の強度と構造の関係を探る~

田口佳孝(工学院 修士1年)

 

ヤドカリのカップルは仲が悪い?~お見合い実験から謎の行動に迫る~

木戸結菜(水産科学院 修士1年)

 

希土類錯体で私たちの世界を照らす~世界一の発光体を目指して~

熊谷まりな(総合化学院 修士1年)

 

届け!熱帯林の声~インドネシア地域調査から探る持続的な森林管理~

澤井啓(文学研究科 修士1年)