トップ  >  学びたい方へ  >  大学院との連携

大学院との連携

大学院「科学コミュニケーション講座」とも連携して教育を展開しています。

北海道大学では2006年4月、大学院理学院の自然史科学専攻に「科学コミュニケーション講座」が開設されました。国内初の大学院正規課程における科学(技術)コミュニケーションの本格的な講座です。
この講座では、科学技術コミュニケーションの高度な専門家・研究者を養成することを目的として、修士課程(標準修業年限2年)および博士課程(同3年)の教育を行っています。

 

CoSTEPの教育と密接に連携

CoSTEPでは、大学院「科学コミュニケーション講座」と密接に連携しながら教育を展開していきます。受講生はCoSTEPでの授業と、大学院の授業とを効果的に結びつけ、理論と実践の両面から効率的に学ぶことができます。

スキルアップしながら学位取得も可能

CoSTEPで科学技術コミュニケーターとしてのスキルアップを図りながら、大学院「科学コミュニケーション講座」の修士課程あるいは博士課程で学び、修士(理学)や博士(理学)の学位を取得することも可能です。

各研究室の概要

科学コミュニケーション講座の修士課程・博士課程で学ぶ方は、同講座に置かれる以下の4つの研究室から所属先を選ぶことができます。

※各研究室の概要や講座の詳細は、下の各研究室名をクリックし、それぞれのページをご覧下さい。

 

科学技術コミュニケーション研究室(科学技術コミュニケーション/科学技術社会論/科学史)
三上直之(准教授)、川本思心(准教授)
科学基礎論研究室
松王政浩(教授)
博物館学研究室
湯浅万紀子(教授)、藤田良治(准教授)
科学教育研究室
鈴木誠(教授)、細川敏幸(教授)、池田文人(准教授)、重田勝介(准教授)、山田邦雅(准教授)
 

CoSTEPと科学コミュニケーション講座の関係図

コーステップと科学コミュニケーション講座の関係図