トップ  >  学びたい方へ  >  専任教員

スタッフ紹介

川本思心(かわもと・ししん)
科学技術コミュニケーション教育研究部門 部門長/理学研究院 准教授

1976年生まれ
■関心のあるテーマ
科学技術社会論、科学技術コミュニケーション観の可視化、地域における知識と技術の創出・普及、クラスタ架橋型学習
■経歴
2005年、北海道大学科学技術コミュニケーター養成ユニット(第1期選科)修了。2007年、北海道大学大学院理学研究科生物科学専攻博士課程修了。博士(理学)。同年より東工大研究員、2008年より同特任助教。トキ放鳥や住宅用太陽光発電の導入などをテーマに研究を行うとともに、教育委員会と連携した科学コミュニケーション教育に取り組む。2013年CoSTEP特任講師を経て2014年4月より現職。専門は質問紙調査と量的分析による科学技術コミュニケーション研究。趣味はカヌー、ソ連・ロシアウォッチング、ミミズのふんさがし他。

奥本素子(おくもと・もとこ)
准教授

1980年生まれ
■関心のあるテーマ
インフォーマルラーニング、概念変化、質的研究、教育工学、博物館学
■経歴
2009年、総合研究大学院大学 メディア社会文化専攻 博士課程修了。博士(学術)。同年より総合研究大学院大学全学事業推進室(後に学融合推進センターに改組) 助教、2015年より京都大学 高等教育研究開発推進センター 特定准教授。2017年3月より現職。博物館や科学コミュニケーション、PBLといった従来の教育の枠組みからは外れた学びを、インフォーマルラーニングという観点より、教育工学的手法を用いて研究を進めている。近年は、茶道やアートといった文化の枠組みを活用し、科学コミュニケーションを展開している。趣味は美術館巡り(個人ブログ:http://www.museology-lab.com/blog)、憧れの動物は荒野で孤高に生きるウォンバット。

早岡英介(はやおか・えいすけ)
特任准教授

1972年生まれ
■関心のあるテーマ
映像メディアを活かしたコミュニケーションの場作り。リスクコミュニケーション
■経歴
1996年筑波大学大学院環境科学研究科修了。環境計画、自然保護論専攻。新聞記者を経て、1998年より科学番組制作会社ディレクター。主にNHKで理科実験番組、科学番組、自然ドキュメンタリーを制作。2008年11月より北海道大学CoSTEPのスタッフ。企画・構成・撮影・音声収録・編集・デザイン・音響効果・台本作成といった映像制作プロセス全てを扱う。メディアでの経験をもとに、研究者やコミュニケーターが映像メディアをどのように活用できるか、またe-learningに関しても研究・実践を行っている。

種村剛(たねむら・たけし)
特任講師

1971年生まれ
■関心のあるテーマ
社会学、社会情報学、討論、演劇を用いた科学技術コミュニケーション
■経歴
2015年、北海道大学科学技術コミュニケーター養成ユニット(第10期選科A)修了。1996年、中央大学大学院文学研究科社会学専攻博士前期課程修了。吉田民人東京大学名誉教授に師事する。専門は社会学、社会情報学。大学や高専の非常勤講師として「人間と科学(社会学)」「科学技術倫理」「社会情報学概論」「ディベート」などを担当する。CoSTEPの実習では、科学技術演劇を試行錯誤中。ライフワークは責任に関する社会学的考察。千葉県出身。趣味は演劇鑑賞、日本酒、言葉遊び。

西尾直樹(にしお・なおき)
特任助教

1979年生まれ
■関心のあるテーマ
傾聴技法、U理論、生成的ファシリテーション手法を活用したインタビューおよびプロジェクト創出
■経歴
同志社大学大学院総合政策科学研究科博士後期課程単位取得満期退学。2006年、産学連携組織にて「研究者図鑑」を立ち上げ、全国津々浦々300日で300人の研究者を映像インタビューで配信。以降、様々な職業、分野、地域で活躍する人たち700人以上にインタビューを重ねている。また京都にて対話型ワークショップ手法を活用した産官学民連携での新しいまちづくり事業に参画。人の前向きな想いと行動の力(=社会の免疫力)で世の中を元気にする「漢方型」の社会変容を目指している。趣味はテニス、カラオケ、各地の食とお酒を楽しむこと。

朴炫貞(パク・ヒョンジョン)
特任助教

1984年生まれ
■関心のあるテーマ
映像、アート、ワークショップ、国際交流
■経歴
映像作家。武蔵野美術大学大学院環境形成研究領域修了、造形芸術博士。映像による造形表現を目指し、カメラを通してモノやコトに潜まれているストーリーを発見し、表現する映像作品を制作している。同時に映像をつくることを軸にしたワークショップ、他領域との融合を試みた展示や国際交流プロジェクトも企画・実行中である。imagesofpark.com

古澤輝由(ふるさわ・きよし)
特任助教

■関心のあるテーマ
ワークショップデザイン、身近な材料を用いた科学実演・演示手法、国際理解教育、芸術と科学コミュニケーション
■経歴
東京農工大学大学院農学研究科共生持続社会学専攻修了。私立高校で生物教師として教鞭を執る傍ら、音楽ライター、ミュージシャンとしても活動。「科学」と「芸術」を繋ぐワークショップの企画、運営に関わる。2011年より2年半、青年海外協力隊としてアフリカ、マラウイ共和国に赴任。理科教師、教育アドバイザーとして活動しつつ、有志で「実験を組み込んだ科学劇団」を結成。帰国後も講演やワークショップを行う。2013年より、日本科学未来館で科学コミュニケーターとして勤務。来館者との対話や、企画・イベント運営、海外連携に携わる。節操のないことが取り柄と信じ「まとまりのない経験をまとめて活かす」がモットー。

村井貴(むらい・たかし)
特任助教

1979年生まれ
■関心のあるテーマ
メディアデザイン、ウェブデザイン、ソーシャルデザイン、デザイン思考
■経歴
メディアデザイナー。首都大学東京産業技術大学院大学産業技術研究科創造技術専攻修了。昭和女子大学現代ビジネス研究所研究員。ウェブを中心にクロスメディアの実践を進める。東日本大震災をきっかけに、ウェブサイト構築のスキルを社会に還元するプロジェクトを主宰し、地域で文化的社会的に意義のある活動を行っている団体や企業向けにウェブサイトを無償で制作している。制作実績として「ヒバリ~震災義援音楽配信プロジェクト~」や「龍野アートプロジェクト」などがある。趣味は演劇鑑賞、街の散策、どうぶつを眺めること。

池田貴子(いけだ・たかこ)
博士研究員

1980年生まれ
■関心のあるテーマ
生態学、ヒトと動物の疫学、リスクコミュニケーション、グラフィックデザイン
■経歴
CoSTEP10期本科(グラフィックデザイン実習、リスクコミュニケーション選択実習)修了。CoSTEP受講中の秋に北大獣医学研究科博士課程を修了。都市ギツネの生態研究と並行して「殺さなくても、防げます。」をキャッチコピーに、キツネの駆除によらない非侵襲的エキノコックス疫学に取り組む。2015年より沖縄科学技術大学院大学OISTとの共同で学術補助人材の育成研究を開始。2016年4月より現職。修士(農学)、博士(獣医学)。専門は動物生態学と人獣共通感染症疫学。好きな物は、動物、絵、言葉。特技は、散髪、日曜大工、包丁研ぎ。

内村直之(うちむら・なおゆき)
客員教授・科学ジャーナリスト

1952年東京生まれ。東京以外で、西宮、神戸、福井、浦和、大阪、福岡、京都に居住経験あり。アクセントに微妙に影響している。
■関心のあるテーマ
基礎科学全般、特に進化生物学、人類進化、分子生物学、素粒子物理、物性物理、数学、認知科学などの最先端と科学研究発展の歴史。一方で、日本と世界の文学、クラシック音楽、美術と造形と都市の歴史なども好き。スポーツは苦手だけれど、街の散歩は好き。最近は、某Hostelで、宿泊者(日本と世界の人々)と一杯やりながらおしゃべりするのにはまっている。あ、料理も好きで、受講者に振る舞った経験あり。
■科学ジャーナリスト。東京大学大学院理学系研究科物理学専攻博士課程満期退学。1981年、朝日新聞入社。福井、浦和支局を経て、科学部、西部本社社会部、科学朝日、朝日パソコン、AERA、メディカル朝日などで科学記者、編集者として勤務し、2012年4月からフリーランス。著書に『われら以外の人類』(朝日選書)、『古都がはぐくむ現代数学』(日本評論社)、『はじめての認知科学』(共著、新曜社)など。『現代数学』『大学への数学』に記事連載中。ときどき『日経サイエンス』『AERA』にも寄稿。これからの予定は、われら以外の人類パート2、入試問題から探る生物学最前線、ニッポン素粒子の狩人、ノーベル賞を撮り損ねた日本人たち、スウガク使いの不思議な世界、などを考えています。

藤田知子

藤田知子
(ふじた・ともこ)
事務補助員

1972年生まれ
■メッセージ
コーステップの授業がスムーズに進むように、さまざまなバックアップをしています。高等教育推進機構・N163Aの事務室には、CoSTEPの各種資料を用意していますので、どうぞお気軽にお問い合わせ下さい。

川口佳代
(かわぐち・かよ)
事務補助員
1970年生まれ
■メッセージ
CoSTEPのバックアップメンバーです。CoSTEPの事務室は高等教育推進機構の奥の方にありますが、いつでも扉をあけています。お気軽に声をかけて下さい。