トップ  >  学びたい方へ  >  授業の内容 - 実習

授業の内容

実習

本科実習(選択必修)

選択実習(本科・選科とも選択)

 

本科実習(選択必修)

ライティング・編集実習

開催日  
授業の目標/修得できるスキル ライティング、編集の基礎を学んだ上で、科学技術に関わる題材について、専門家と非専門家間のコミュニケーションを促進するための文章力と、文章の理解を助ける写真、図などの作成力を身につけます。また企画、取材、執筆のほか、訴求力の高い発信をするための編集の基礎的スキルについて習得を目指します。
授業内容/スケジュール 北大を紹介するFacebookページ「いいね!Hokudai」の記事作成を1年間を通して行います。さらに「いいね!Hokudai」以外の媒体での執筆も企画・実施します。この他にも読むこと・書くことに関連する企画を積極的に行っていきます。
担当教員
川本思心
西尾直樹
(内村直之)

 

対話の場の創造実習

開催日  
授業の目標/修得できるスキル 科学技術コミュニケーションに関する対話型イベントの企画、準備、運営、評価の知識とスキル、ならびにマインドセットを学びます。また、チームビルディング、リーダーシップ、ファシリテーション、プロジェクトマネジメントについても実践的に学ぶことができます。
授業内容/スケジュール 紀伊國屋書店札幌本店1階ロビー等で行う「サイエンス・カフェ札幌」や、これとは異なるスタイルの対話型イベントを実施します。企画(テーマの決定、ゲストの選定・交渉、参加者層の想定等)の大まかな出発点は教員の方で準備しますが、それに基づくプログラムの具体化、実施準備、実施、評価まで、受講生が主体的に取り組みます。
担当教員
種村剛
古澤輝由

 

メディアデザイン実習

開催日  
授業の目標/修得できるスキル Webデザインやコミュニケーションデザイン、映像制作を通じて、サイエンスを表現します。プログラミングや情報デザイン、動画撮影、画像・映像編集、広報、プレゼンテーションなど社会で幅広く役立つデジタルスキルをAdobeのソフトを使いながら養います。目標はWeb上に科学技術コミュニケーションの成果物をアウトプットすることです。なお、本実習はクロスメディアの観点から、Webデザインと映像メディアを軸にして、その他の分野も横断的に扱います。
(※ノートPC所持が望ましい。初歩的操作ができる方対象。)
授業内容/スケジュール 前半では基礎的なWebデザインスキルや動画や画像編集等、デジタル表現の手法を学び、研究を伝えるための技法を学びます。後半では実際に研究紹介用サイトの構築や、映像作品制作に取り組みます。加えて、本実習では映画×音楽×インタラクティブの国際コンベンション「NoMaps」に出展し、サイエンスの楽しさを伝えるためのコミュニケーションデザインにも取り組みます。また、ICT分野で活躍する企業と連携した活動も行います。他にもチームビルディングにつながる企画を不定期で実施します。
担当教員
村井貴
早岡英介

 

「札幌可視化プロジェクト」実習

開催日  
授業の目標/修得できるスキル 地域問題解決型、アート&サイエンス融合型の、従来にない新しい科学技術コミュニケーションに教員と受講生が一緒に挑戦します。受講生自らが様々な試行錯誤、提案、創造を繰り返しながら実践的に学ぶことで、問題発見能力、アイディア発想・発展の手法、コンセプト構想力、問題解決能力、他者とのコラボレーション能力、マネジメント能力、アートをはじめとする多様なメディア表現の応用能力を身に付けることができます。
授業内容/スケジュール 本実習では「札幌可視化プロジェクト」を実践します。札幌という地域に存在する社会問題を掘り起こし、科学・技術・メディア・アートを融合させた「可視化」という手段を活用することで、市民が地域の問題や価値を身近に感じ、問題の解決に繋がるコミュニケーションを行う機会を創出します。幅広い手法を用いた個人プロジェクトに挑み、札幌国際芸術祭に参加します。国際交流プロジェクトを通じて海外の都市との比較分析を行うなど、グローバルな実践と学びを目指します。
担当教員
朴炫貞
奥本素子

 

グラフィックデザイン実習

開催日  
授業の目標/修得できるスキル チラシやポスター、バナーのデザインを通して、科学技術に関するテーマやコンセプトを過不足なく表現するためのコミュニケーション能力を身につけます。テーマに合ったモチーフの選び方、レイアウト法、写真の撮影や加工法を身につけることができます。Adobe IllustratorとPhotoshopを使うことが多いですが、ソフトの使用経験は必須ではありません。
授業内容/スケジュール サイエンス・カフェ札幌や、CoSTEPが主催するその他のサイエンスイベントの広報媒体を作成します。希望があれば、その他のグラフィックデザイン活動にも挑戦できます。
担当教員
池田貴子

 

 

選択実習(本科・選科とも選択)

*希望者の人数および全体の状況をみて、開講されない実習もあります。また、下記以外にも新しく選択科目が開講されることがあります。

 

リスクコミュニケーション選択実習

開催日  
授業の目標/修得できるスキル 福島の復興にあたっては、福島第一原発の事故によってもたらされた放射線による被害が様々なリスクコミュニケーションの問題を引き起こしています。また震災前からあった高齢化や後継者不足の問題も深刻さを増しています。こうした課題を踏まえつつ復興を進めていくために、福島県外の人間はどのような関わりができるのでしょうか?地元の方々や行政の皆さん、研究者や専門家とこうした問題について話し合い、福島を舞台にトランスサイエンスを実践的に学びます。
授業内容/スケジュール 受講生が決定してから詳細はお知らせします。9月に大熊町、浪江町沿岸部(請戸地区の津波被害)の視察、川内村において合宿形式で議論や発表、イベント企画、立案等を行います。
担当教員
早岡英介 他

 

図書館取材選択実習

開催日  
授業の目標/修得できるスキル 1)科学技術コミュニケーションに必要な取材(インタビュー)およびライティングのスキルを、実際に記事を書くことで身につけます。2)広義の科学技術コ ミュニケーションの機能を果たす図書館員の働き方や仕事の目的、態度などを知ることで、大学における科学技術コミュニケーターという仕事のありようについ て学びます。
授業内容/スケジュール 事前にインタビュー記事のまとめ方を確認したのちに、北海道大学附属図書館に勤務している、図書館員の働き方、仕事の目的や態度、および図書館の機能や特 色などを取材して、記事をまとめます。成果物は、CoSTEP の主催するFacebookページ「いいね北大」とアーカイブサイトに掲載することを予定しています。
担当教員
種村剛 他

 

国際アートプロジェクト選択実習

開催日  
授業の目標/修得できるスキル 札幌国際芸術祭に絡み、アーテイストと研究者、学生が一つのテーマに関して表現するワークショップを行い、その結果を発表する。アートの表現方法や、コミュニケーション能力、文化に関するひらめきなどを国際的アート交流プロジェクトの実践を通して学びます。
授業内容/スケジュール 受講生が決定してから詳細はお知らせします。8月の中旬~下旬に3泊4日の国際アートワークショップを北大で行います。韓国芸術総合大学、大阪工業大学が参加し、「仮面」をつくり、自分のもの語りを作って発表します。
担当教員
朴炫貞 他

 

科学館選択実習

開催日  
授業の目標/修得できるスキル

科学技術コミュニケーションの一つの実践の場である科学館を訪れ、その多様な手法を学び、実際の活動に生かすことを目指します。また、今後に繋がる科学技術コミュニケーター同士のネットワークを構築します。

授業内容/スケジュール 受講生が決定してから詳細をお知らせします。東京の日本科学未来館を訪れ、展示だけでなく、科学館運営の様子も見学します。また、現役の科学コミュニケーターとの意見交換も行います。
担当教員
古澤輝由 他