光触媒×阿部竜 その光、もっと使います。
16/69

2.3光触媒とは152.3光触媒とは水を熱したあと放っておくと、少しずつ冷めていき、やがて室温と同じになってしまいます。このように、物質にエネルギーを与えて(この例では、熱という形でエネルギーを与えました)「エネルギーの高い」状態にしても、エネルギーを放出して「エネルギーの低い」、もとの状態に戻ってしまいます。エネルギーの低い状態のほうが安定だからです。これと同じようなことが原子の世界でも起こります。この世の物質はすべて原子からできており、原子は、原子核とその周りを回る電子(e−)とからできています。物質に光をあてるなどして原子にエネルギーを与えると、電子がそのエネルギーを受けとめ、「エネルギーの高い」状態になります。しかしその電子も、やがてエネルギーを放出し、もとの「エネルギーの低い」状態に戻ります。このようなエネルギー状態の高い低いを、図2.5のように、位置の高い低いで表わすことがあります。エネルギーの低い状態にあった電子が、外からエネルギーをもらってエネルギーの高い状態になることは、図の低い位置から高い位置に飛び上がることに相当します。エネルギーを放出してエネルギーの低い状態に戻ることは、図の高い位置から低い位置に落ちることに相当します。

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer9以上が必要です