光触媒×阿部竜 その光、もっと使います。
26/69

25第3章太陽光をもっと使う3.1新しい光触媒の開発光触媒を使って可視光で水の分解ができるようにする。これが、阿部さんたち研究者の目標です。この目標に到達するためには、二つの道筋が考えられます。一つは、光子のエネルギーが電子に与えられるとき、そのエネルギーが小さくても飛び越えられるくらいに図2.6の禁制帯の幅が狭く、それでいて水の分解もできるような、新しい光触媒物質を開発するという道です。多くの研究者がこの道に沿って努力を重ねました。そして阿部さんたちは、他の研究チームに先駆けて2010年に大きく前進します。以前から注目されていたある半導体に特殊な処理を施すことで、可視光でもこれまでにない効率

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer9以上が必要です