光触媒×阿部竜 その光、もっと使います。
47/69

46第5章身のまわりの光触媒■水の汚れを分解する 空気中だけでなく、水の中の農薬や大腸菌なども、光触媒を使って分解することができます。光触媒フィルターを組み込んだ浄水システムが温水プールや水産物の加工施設などで使われています。■汚れが付きにくい 製品の表面に付いた油汚れやタバコのヤニなどが、人が手を加えなくても自然に分解され、しばらくすると消えてしまいます。ひどい汚れも水ですぐに流され、表面はきれいに保たれます。建物の外壁やガードレールに光触媒を塗っておけば、汚れを落とす手間がかかりません。■鏡やガラスがくもらない 光触媒でコーティングした鏡やガラスは、お風呂場などで湯気があたってもくもらなくなります。車のサイドミラーやビルの窓ガラスなどに使うと、雨の日でも水滴で見えにくくなることがありません。 ただし、壁や造花に使われている光触媒がこのような効果を発揮するのは、紫外線があたっているときだけです。いま一般に使われている光触媒は、可視光や赤外線では光触媒として働かないからです。ですから壁は太陽光があたる屋外のものに限られますし、造花も窓際に置いて太陽光があたるようにしていないと効果がありません。空気清浄

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer9以上が必要です