光触媒×阿部竜 その光、もっと使います。
48/69

5.3光触媒の2つのはたらき47機や浄水システムなど外からの光がさえぎられてしまう構造のものは、わざわざ内側に、光触媒と一緒に紫外線ランプが取り付けてあります。5.3光触媒の2つのはたらき光触媒でのコーティングには幅広い効果があります。しかし、光触媒がやっていること(働き)は、たった2つにまとめることができます。一つは、光触媒の表面に触れた物質(たとえば細菌や油汚れ、化学物質など)を分解することです。もう一つは、光触媒でコーティングすることで表面を非常に水になじみやすくし、水滴ができなくする(くもらなくする)とことです。光触媒を利用した様々な製品は、この2つのうちどちらか(あるいは両方)を利用しています。これらの働きについて、詳しく見ていきましょう。5.4物質を分解する光触媒でコーティングされた表面に紫外線が当たると、光触媒は紫外線からエネルギーを受け取り、それを他のところへ渡そうとします。一部は熱として放出しますが、大部分は周りの物質(表面に付いた細菌や空気中の化学物質)へと受け渡します。

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer9以上が必要です