光触媒×阿部竜 その光、もっと使います。
66/69

65参考文献[1]大谷文章2003:『イラスト図解光触媒のしくみがわかる本』技術評論社[2]大谷文章2005:『光触媒標準研究法』東京図書[3]岸宣仁2003:『光触媒が日本を救う日』株式会社プレジデント社[4]佐藤しんり2004:『光触媒とはなにか』講談社[5]園池公毅2008:『光合成とはなにか』講談社[6]竹内浩士:「光触媒材料試験方法の標準化」athttp://www.aist.go.jp/aist_j/aistinfo/aist_today/vol11_09/vol11_09_p14.pdf[7]藤島昭、本多健一、菊池真一1969:「TiO2半導体電極における光増感電解酸化」『工業化学雑誌』72,pp.108–[8]CoSTEP2008:「阿部竜さんに聞く–北海道大学、AAASへ」athttp://fox231.hucc.hokudai.ac.jp/AAAS2008/2008/01/post-2.html

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer9以上が必要です