光触媒×阿部竜 その光、もっと使います。
9/69

8第2章水からエネルギー図2.1水の電気分解のまま使えばよいのではないでしょうか?電気エネルギーをもとでにして水素エネルギーを作り出すというのは、エネルギーの種類を転換する作業です。一般に、エネルギーの種類を転換すると、必ずエネルギーの損失(ロス)が生じます。ですから、電気で水素を作り、その水素から電気をつくるというのは、とても損なことです。それに、水素はクリーンなエネルギーなのですが、電気分解で使う電気エネルギーを作る過程がクリーンではないのです。電気の大半は石炭や石油、天然ガスなどを燃料とした火力発電で作られます。そのため、この発電の段階で二酸化炭素を排出して環境に負荷を与えてしまうのです。

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer9以上が必要です