ジョインアス


北大マルシェ2017 木がつなぐ人と自然

2017年08月20日

北大マルシェで出会えるのは道産食品だけではありません。ブレーメンファームさん(滝上町)のお店では、木工を楽しむことができます。滝上町産の白樺の間伐材等からなるパーツを自分で選び、組み合わせていきます。そして最後は代表の竹内正美さんが仕上げて、エゾシカが完成!

(白樺や桜などのパーツ。一つ一つ表情が違います)

 

 

(ブレーメン・ファーム代表の竹内正美さん

 

できあがるシカは千差万別。木材の表面は加工されておらず、自然そのままの個性的な形です。竹内さんによると、そのほうが身近で親近感があるから、とのことでした。

エゾシカ作製は500円。他にも、すぐに完成はしませんが、キリンやウシをつくることもできます。サポートスタッフの中角直毅さん(環境科学院 修士1年)は「仕事の合間に竹内さんからいろいろなお話を伺えるのもとても勉強になります」とお話していました。出店する方々と学生さんとの交流もまた、北大マルシェの大きな意義です。


同じシーンの記事