おいしいね


#76 1kgカレーに挑む漢達ありけり@自由人舎 時館

2017年09月07日

 

札幌キャンパスの18条門を出て、遠友学舎前の歩道を進むと見えてくる、北大生憩いの地「自由人舎 時館 」。こちらのお店で有名なのは3kgカレー!2kgのルーと1kgのライスで構成されたカレーを30分で平らげると、なんと5,000円をゲットすることができます。胃袋(?)とお財布に優しいのが、3kgカレーなのです。以前に、いいね!Hokudaiでは3kgカレーにチャレンジした様子をお届けしました。あの無謀な挑戦からおよそ3年。新たなチャレンジをしようと起ち上がった漢達がいました...。

 

(左が堤光太郎さん、右が越後谷駿さん。ルー丼を見て、余裕綽々の様子)

 

今回、チャレンジするのは北海道大学理学部の越後谷駿さんと無二の親友の堤光太郎さん(社会人・北海道大学CoSTEP 本科受講生)。3年前の失敗を踏まえ、3kgではなく、1kgを選択しました。明らかに食べきれないものではなく、食べ切れる範囲で頑張ろうとする姿勢は実直そのもの。1kgなので、もちろん賞金はでません。自分の胃袋に誠実に向かい合う、これが彼らのスタイルです。

 

(顔よりも大きなカレー皿にはてんこ盛りのライス)

 

(丼からルーを直接かける光景は世間一般ではなかなか見られません。貴重な一瞬です。)

 

(越後谷さんはセパレートスタイル。ルーとカレーを交互に口に運びます。)

 

(おいしさのあまり仰け反る堤さん。こんなリアクションがとれるのも今のうち)

 

(カレー自体はほどよい辛さでどなたでも美味しく召し上がれます。ただ今回は量が普通ではありません。)

 

(半分ほどを食べ終わった段階で徐々に手が止まり始め、うつむき加減に...)

 

(一方、越後谷さんはお上品にセパレートスタイルを楽しみます。あまり減っていませんね...。)

 

(終盤、苦しい時間帯が続きます。休み休み食べていたら、手がスプーンから完全に離れ、スプーンはルーの中にどぼん!)

 

(しかし、ラストスパート!彼の頭の中では映画「ロッキー」のテーマソングが流れていることでしょう。あきらめないで!)

 

(やがて完食!高らかにスプーンを掲げ、勝利宣言です。要した時間は40分。ちょっとお腹が張っているようにも見えますね。)

 

(一方のセパレートスタイルはまだ半分も進んでいません。果たして食べきることはできるのでしょうか。)

 

(勝利者は調子に乗って、ソフトクリームにまで手を出します。甘いものは別腹というやつです。)

 

(遅々として進まず、頭を抱えてしまいました。)

 

(もうどうすることもできません。ここで敗北宣言。)

 

(お会計を済ませて外にでると、途端にこの様子。わずかな距離すらなかなか進めないほどに疲弊しています。)

 

今回のチャレンジのために、数日前から身体を作り込んできた二人。身の丈に合わせてセレクトした1kgカレーでしたが、一人は食べども食べども尽きぬカレーに轟沈しました。辛くも一人が勝利できたのは次につながる一歩でしたね。

 

勝利者の堤さんは最後、苦悶の表情で重たいお腹を抱えながら、「次は雪印パーラーのジャンボパフェでもいきましょうか...。」とさらなる高みを目指さんとする言葉を残しました。次回もお楽しみに!

 

*食べきれなかった分はいいね!Hokudaiスタッフが分担して平らげました。

 

-----------

自由人舎 時館 (じゆうじんしゃ じかん)

札幌市北区北18条西7丁目

TEL/FAX:011-726-0158

営業時間:11:00~24:00(ラストオーダー23:30)

定休日:年末年始・お盆・毎月第3火曜日

-----------


同じシーンの記事