歳時記


甘い秋の香り

2018年10月18日

本州の秋の香りの代表格である金木犀は寒さに弱く、北海道ではあまり植えられていません。しかしキャンパスを歩いていると漂ってくる、砂糖を焦がしたような甘い香り。

 

(色づくカツラの木)

 

実はこの香りは、カツラの葉っぱが紅葉した際に放たれるマルトールという成分の香りだそうです。この香りにちなんでか、カツラという名前も、香出(カヅ)から来ているとも言われています。

 

(ハートの形の葉っぱが特徴)


目だけでなく香りも心地よい秋の北大です。

 

(18条門や大野池の辺りに多く植えられています

 

 


同じシーンの記事