クローズアップ


はやぶさ2、小惑星リュウグウにタッチダウン!

2019年02月22日

 

2019年2月22日の朝7時50分頃、「はやぶさ2」が小惑星リュウグウに着陸、岩石を採集した後、無事離脱しました。リュウグウは地球から約3億km離れた直径約900mの小惑星です。着陸は当初2018年10月に行う予定でしたが、地面にはいたる所に大小の岩石が転がっており、適切な着陸場所が見つかりませんでした。見つけた場所はわずか半径3m。この小さな的に向って降下し、みごと着陸・離脱したのです。

(小惑星から石を採取する「はやぶさ2」のイメージ図。サンプラーホーンと呼ばれる機体の下に張り出した円筒を通して、小惑星表面の石が機体内のコンテナに収納されます)<©池下章裕>

 

今回のミッションは、リュウグウの岩石を持ち帰り、その組成を分析して太陽系の起源に迫ることです。2005年の「はやぶさ」によるイトカワ到達に続く、ビッグプロジェクトがひとまず成功を収めました。

 

いいね!Hokudaiでは過去に「はやぶさ」および「はやぶさ2」関連の取材をしています。「はやぶさ2」の岩石採集装置(サンプラー)を設計した橘省吾さん(当時 理学研究院 准教授/現・東京大学 教授)と、イトカワのサンプルを分析した圦本尚義さん(理学研究院 教授)です。ぜひご覧ください

 

【フレッシュアイズ】#23 2014年冬、「はやぶさ2」いざ宇宙へ!

2014年09月09日

(サンプラーについて図を描いて説明する橘さん)

 

【クローズアップ】#70 太陽系の起源を「顕微鏡」で調べる

2016年09月02日

(自ら開発した「同位体顕微鏡」の前で説明する圦本尚義さん)


同じシーンの記事